ハイスペック・離婚、、

先日、知り合いのお子さんが入籍しすぐ海外赴任だと聞いていたので

落ち着いたころに親経由で結婚祝いを送ろうと思っていたら、

現在弁護士を立てて離婚調停中とのことで、はて。

海外赴任先についていける英語の堪能な才媛で

ちょうど良いお相手だったはずなのに何があったやら。

この海外赴任がらみの離婚は時々聞く話で

男性が海外赴任地へ「妻を連れて行く」かたちになった場合、

妻側に制約が多い、それが承服できない女性がいるもよう。

制約代わりの十分すぎるメリットは享受しても

デメリットをひとつも受け付けようとしない女性の考え方は

どうなんだろう、と双方の話を聞くと感じる。

自費では到底使えない空港ラウンジの使用、

ファーストクラスでの移動、世界的大都市の高級エリアでの住居費用、諸々

会社は配偶者への福利厚生も給与の一部として与えているので

その分、配偶者に「内助の功を尽くせ」なんだろう。

しかし、それを「やりたくない」妻がいて、

それなら、初めから「帯同」になるのはやめたほうが良いんじゃないか、

この手の「メリットは享受してもデメリットは我慢しない」女性に共通するのは

「私もやめなければハイキャリア」意識で、

「やめてわざわざ来てやってるのよっ!」と鼻息が荒いんだけれど、

もしその「バリキャリ」が本当なら、

会社に交渉して自分も夫の赴任地に行くのも出来ないわけじゃないし、

とりあえず数年はおとなしく主婦業に励みつつ、資格試験にチャレンジもありだ。

それが出来ない時点で自身が「ハイスペ」「バリキャリ」の意識は

捨てたほうが正解ではないか、

実際、離婚して「バリキャリ」に戻れたかと言えばそんなことはなく、

そもそも海外赴任で破綻する結婚は妻側が結婚に熱心だった場合が多い。

多くは「自称バリキャリ」のイメージが損なわれないように、

「夫の海外赴任にキャリアを犠牲にしてついていく私」が必要、

実は中途半端な自身の能力から目を背ける立派な理由を探しているだけ、

それで自分も他人もごまかしきれたらそれなりだと思うが、それも出来ない。

その手のいい加減な女性に結婚を押し切られた男性側もどうかと思うが、

鼻息荒く「私も本当ならあなたと同じくらい稼ぐんだからねっっ!」とやられても

現実には女性の経済力はあてに出来ない、心の支えにもならない、

となれば愛想を尽かして離婚となるのはしかたがないだろう。

先日聞いたあっという間に離婚調停中のカップルは

妻は「夫が私を家政婦扱いする!」と言ったそうで、

でも確かその赴任先では家事を万事取り仕切るようなメイドだのなんだのが

ついているはずで、

夜中に卵を焼けだのトイレ掃除をしろだのでは決してなかっただろうに

それでも捨てられぬ「プライド」があったのかねえ、、、

娘を持つ私でさえ、夫側に若干の同情心が沸いたりして。

若い女性の自分を高く見積もりすぎる傾向はよくあるもので、

それも可愛いと思ってくれる男性もいるだろうが、

なれない海外生活では、男性側も余裕がなくてうまくいかないのか。

たぶん、大方のカップルはトラブルを乗り越えるのだろうが、

乗り越えられない場合もちらほらあるようだ。

自分しか優先できない人間は結婚には向いていないとおばはんは思う。

結婚祝いを贈りそびれてよかったような、残念なような。

もうちょっと考えてから結婚しましょう、と思うのでした。

 

 

ふと思ったこと。

炎上商法のツィートがブクマを集めて、

ブクマに表示されるそのツィートだけしか見てないけれど、

「後片付け」が全然ないのが不可思議。

後片付けも「弁当・食事作り」に含まれているのかな?

洗濯も「干して、入れて、たたんでクロゼットに入れる」がない。

つまりは全自動で乾くまで洗濯機がやってくれる、

でも、そのあとは?

随時、洗濯機の中からくしゃくしゃしたのを出して着るのかな。

それともあまり良い素材のものを子供に着せていないのかも。

このリトル某山本氏みたいな人は時々炎上商法をしているのをみかけて、

たいていが誰かをこばかにして自分がいかに頭が良いか、

自分がすばらしいか、富裕層であるか、を強調するけれど、

金儲けの才があって富裕層だったら、おのれのプライドにかけて

子供に3分弁当なんか食べさせたりしないものなんだけど、

君、お金は何に使ってる?と聞きたい。

この人はいつも貧乏臭い、まあ、わざとやってるんだろうけど。

「時短出来る俺、すごい!」のは結構だけど、

そのインフラを整えている配偶者が偉いだけのような気が。

質の低いもので良いのならば時間をかけずにいくらでも出来る。

でも家事っていくらでもクオリティーを上げられるもので、

そのために専業になる人もこの世に多いのは事実。

質が低くても十分、と言う人はこの世に山ほどいるんだろう、

でも、何のために金儲けしてるの?と聞きたい。

快適な生活を送るためじゃないのかな?

炊き立てのごはんをほどよくつめてもらった弁当を食べてきた子供たちに

3分弁当を食べさせられた子供はいつか必ず負ける。

貧富の差ってそういうものなんだよ、それがわからない元慶応生か。

日本も貧しくなったもんだよな。

日常。

美容室もやり過ごし、あとはトランクに荷物をつめるばかり。

しかし、ネットなんて見ている私、、ちょっとのおさぼりがたまらん。

幼児虐待死事件をハフポが熱心にやっていて、

父親の公判はまだなのか、相当取り調べも面倒くさそうだなあ、

と、警察に同情。

私もPTA時代にこの手の危ない父親とチラッとかかわったので

児童相談所の職員さんたちはひたすら気の毒に思う。

こういうちょっと自分に自信のある、

実際、異様なほど執着心があるのでそこそこ仕事も出来る(と思われている)

人間と子供とその母親を挟んで競り合っても、勝つことは出来ない。

せいぜい負けない努力をするくらい。

私が怖いのは、この手の異常者にひとたび恨みをかわれて執着されると

何をされるかわからない。特に子供を狙われたらたまったもんじゃない。

こういう人間は絶対他人の一番弱い部分を全くためらいなくついてくるので、

警察を絡めてでも指導しないと、行政機関だけではやっていけないと思う。

この事件はずいぶん香川の行政機関ががんばったんだな、

残念な結果になったのは、本当に悲しい。

こういう夫を持った母親からは、周囲もかかわらなくなるのだよね、

それもまた問題。でもかかわりたくない気持ちはよくわかる。

話を変えて、千葉の復旧が遅れているのは気がかりだ。

あんなに東京に近いところなのに、何故、と感じたり。

しかし、ひとたびこの手のことがおこると全国の電力会社が次々に社員を送り込む。

この連携はすばらしいといつも思うがあまり注目されないな、

古い知り合いが電力会社勤務の配偶者もちで、息子も「電力マン」になった。

たぶん、今頃親子で千葉に行っていることだろう。

「日本、もうダメ」はよく言われるけれど、がんばっている人が

私の周りだけかもしれないが、たくさんいるのを知っているので、

日本はダメじゃない、とおばはんは思う。

ダメでもダメなりにがんばる、ってのを知らない人が

ネットで情報を拡散するのだよな、

本当、ネットはダメ人間に優しいわ。(いやみ)

さて、ダメ人間のおばはんもネットで甘えてないで、荷造りをするかな。

おわり。

 

いやはや。

発達障害大キャンペーン」が秋から始まるのか、

増田で「うちの子は発達障害だった!」がブクマを集めているのを見たが、

お子さんが既に大学生の年齢であることを考えるといくつか不思議な点がある。

服薬は10年位前はまだ一般的ではなかった気が、、、

昨日書いた知り合いのお子さんは、警察沙汰を繰り返したので、

その当時はまだ地方では珍しかった服薬を勧められていた。

しかし、確か拒否したんじゃなかったかな、親が。

その代わりに長期のカウンセリングを受けることになっていた。

自治体がこの手のことにかなり力を入れていたので、

投薬も視野に入れる当時としては最先端だったんで、よく覚えている。

でも一般的にはどうなのかな?

発達障害への「治療」意識はここ数年で大分広まったようだが、

その診断を拒んだり、療育相談が忌避されることがあるから

本当の意味で浸透してはいないだろう。

それから「ラインで謝られる」って、ラインが保護者関係で扱われ始めたのは

この年齢でないわけではないだろうが、なんとなく限られていた気がするな。

私この増田は安定の「釣り」とみなす。しんどい親がいるのは知っているが。

なんだかなあ、私ははてなでここ5年くらいで広まった、何かを拡散するとき、

増田で騒ぎ、「私も、私も!」のような「意見」が増田で集まった!にする、

最近は「ツィッターまとめ」もあったりして、

はてなのブクマシステムって、「デマ」製造装置だよな、

2チャンネル(5チャンネル?)が廃れて、

いまやデマを拡散するのはツィッターになっているのはかねがね感じるが、

はてなはその片棒を担ぐ企業になったか。

デジタル広告は本当にうんざりするほど、人間を馬鹿にしていると思うことが

よくあって、はてなはその手のお手伝いをしてどれほど儲かっているのか、

少なくとも私はこのあとに出るだろう、

何らかのキャンペーンは(本か、薬か)どこが出すのか、よく見ておこう。

デジタル広告にはもっと真っ当で見るべき美しいものもあるのに、

この手の詐欺的なやり口がはてなで散見されるのは残念だ。

ネット雑記。

ホットエントリでは加害傾向のある子供の親の話があって、

この手の話はいつまでもなくならないもんだなあ、と、

私が経験した限りでは、この手の子供の親御さんは

決して「発達障害」系の相談に行こうとしないこと。

周りがすすめてもかたくなにそれを拒否する。

診断が下ったら何らかの烙印を押されるように思っている。

狭い地方ではそれも仕方がないのかな、と感じるが、

子供の体が大きくなると警察沙汰に発展するからなあ、

体よく、悪い連中に「パシリ」に使われたりする。

私の知り合いでもその手の人がいて、散々泣いて相談の電話をしてくるんだけど

療育相談をすすめたら、烈火のごとく怒る。

そんなことが何度かあって、結局3回ほど補導(小学生時代に)され、

警察からの勧めで療育相談に行った。警察の言うことは聞くのよ、この手の人は。

それから学校の先生がかなり根気よく療育を受けるように諭していた。

彼女の脈絡のない「でも、でも、だって」を拾い聞いているとき、

「学校の先生も云々かんぬん」と、はあ、学校の先生は本当に我慢強い、

と、感心したわ。療育を受けるとびっくりするほど、問題がなくなった。

今は大学生で絵を描く勉強をしている。

そこまでになるんだからねえ、、たいしたものよ。

仕方がないことだけど、そうなると彼女はかつて自分の子供が問題児であったころを

知っている人間から逃げ回るようになる。私のところなんてなしのつぶて。

それも仕方がないか、と思ったし、特に深く付き合いタイプでもないけれど、

その後彼女はうつ病になったらしい。

私は少し離れていたので電話がかかってこなくなる程度でしかなかったが、

地域の人たちに対してたぶんあまりよい態度をとらなかったんだろう、

その場所にすみ続けることが出来なくなるまで精神的に追い詰められたよう。

今思えば、彼女自身も発達障害系の人かもしれない。

彼女はある日突然、電話をかけてきて散々地域の人の悪口を私に言った後、

また音信不通。なんだかなあ、まあ、いいんだけど。

私は転勤族だったので、この手の知り合いが出来る確率が高かった。

いつか行ってしまう人は感情のゴミ箱代わりにして良いと思う人がいるのだよね。

転勤族はそのリスクがあるのが残念。

でもそれ以上に良いこともあったので良かったかな。

発達障害は早めに療育を、のお話、終わり。

ほんのめも。

「毒婦」北原みのり 

「毒婦たち 東電OLと木嶋佳苗のあいだ」上野千鶴子 信田さよ子 北原みのり

木嶋被告(死刑囚?)が数ヶ月前に雑誌の編集者と3度目の結婚をしたと読んで

借りてみた。

相変わらず、北原みのりが私にはきつい。

対談集を一緒に借りて読んで、思い込み激しく暴走する場面が多く、

上野千鶴子さんでも統制が取れない感じ、

上野さんは偉いなあ、この手の人を何十年も何十人も相手にしている。

今はどうなったか知らないが、この時期北原氏はハン流ファンだったよう。

ハンリュウ自体に問題はないだろうが、何かにつけその話を出すのでは、

この人、何がしたいの、って感じ。

それから私は圧倒的被害者だった東電OLを木嶋佳苗のような加害者と

同列に語るのは冒涜行為だとみなしているので、いらだつ。

平行して述べるなら、木嶋佳苗の犠牲者になった人間の孤独と

東電OLとしか名前を残さない、いまだ仕事の肩書きから逃れられない女性の

悲劇的孤独を同じものとして述べるべきだろう。

北原みのりに彼ら、彼女の孤独は理解できない。

元々彼女にその手の感情はないんだろう。

対談集はそれがよくわかる内容だった。

どちらの本もただひたすら北原みのり氏が自分の思い込みを暴走させ

押し付ける内容が多く、辟易とする。

しかし、いくつか見るべき点もあって、木嶋佳苗の被害者になった男性が

いずれも小柄であったようなことの指摘は鋭い。

知り合えるサイトでは身長体重を書く欄があったらしく

それで被害者は選ばれたのではないか、

「手ごろさ」で選別されていたかもしれないと、

つまり、睡眠薬などの薬の利きが悪く朦朧としてあらぬ動きをされたとき

自分ひとりで対応できる程度の体の大きさの人間ばかりを狙った、

木嶋佳苗は北海道出身者で出生地の別海は酪農地域なので

なんとなく動物を狙って屠る感じがあるなあ、と私は思った。

犠牲者は「獲物」だったか、人を「狩る」様な感覚だったか、

元々人を人とも思っていなかったか、

たぶんいつまでもこの事件は完全に理解されないだろう。

何故、こんなことをするようになったか、

木嶋佳苗の精神的原因を中学、高校時代に、他家から通帳を持ち出し、

金を引き出した事件を取り上げ、内田春菊はその事件をひょっとしたら、

木嶋佳苗はその家の人間に子供時代から性的暴行を繰り返され

大人になって報酬として金を持ち出したのではないか、

とマンガにしているそうで\その指摘は一瞬説得力を感じるが、確証はない。

私は佐野眞一氏の「別海から来た女」を読んだので

事件のことは知っていたが同じ家で繰り返されたとは知らなかった。

確かに妙な話ではある。繰り返された事件が内密に収められたことも含めて。

木嶋佳苗は小学生時代に性的な事件に巻き込まれていたような記述もあるので

そこは気の毒には思う。しかし犯罪行為とはまた別問題だ。

北原氏はやたらと男性への憎悪を語りたがって、「毒婦」ではそれが雑音になる。

しかし、もし木嶋佳苗が知り合ってまだ日の浅い人間に何故、憎悪をもったかを

金銭で考えたとしたら、彼女が次々に手をかけた被害者は

もうそれ以上の金額を彼女に出さないだろう、

たとえば500万近くをぽんと彼女に出した千代田区在住男性などは

その値段が彼が彼女に出す限度額であることに

恐ろしいまでの憎悪と絶望があったんじゃないか、

確かにほんの数回接触を持った相手からあっさり十万単位の金を引き出す手口は

鮮やかだが、夜の世界の女性たちの中には、もちろん最高額だろうが、

一晩に億単位の金を集めることも出来るらしい。

夜の世界に一瞬でもいた彼女はそのことを目の当たりにはしなかったか、

「この私にたった数百万」の感覚を持っていたのではないか、

不審死が疑われる、彼女が20代のうちに接触を持った男性は

数千万のお金を彼女に渡したとされ、

それに比べれば、30代になって言い方は悪いが

彼女にとってはしょぼい額しか稼げなくなった、

そのことが相手への憎悪につながらなかったか、と思う。

それから佐野真一氏の著作にも、この本にもほとんど触れられていないのが

密接に接触をもっていた彼女の下の兄弟たち、

私は彼女が何をしてもゆるぎない自信に満ち溢れているのは、

彼女が自分の兄弟を立派に養った、の自負があるからなんじゃないか、

それほどの恩恵を彼女の兄弟は受けた気が私にはする。

お高いホテルのランチだの温泉旅行だのを兄弟を連れて行くって、

兄弟はその金がどこから出ているか、気にはならなかったか、

気にならなかったなら、彼女の兄弟もまた異常だと私には思える。

木嶋佳苗の兄弟の配偶者が警察関係者だという噂が一瞬ネットにあったが、

今は見当たらない。

彼女の分け前にありついたであろう兄弟たちの情報が

ネットにすら見つけられないのは、非常に不可思議だ。

不可思議な事件は不可思議な人間の取材と判断だけに

ゆだねられるべきではないだろう。

出来ればもう少しまともな感覚の人間に全容を解明して欲しい。

事件に興味のある人なら読んでもよい本だが、特に薦めない。