忙中閑あり。

隙間時間にはてなの話題をのぞくと

「大学を現役で卒業して就職先に3年以上いるのは全体の16パーセント」なる

かッとんだ意識調査(?)があったようで、はて、と。

なんとなく恣意的なデータの出し方に思えるんで要は本の広告なんだろうけれど

なんでこんな炎上マーケティングみたいなのがはてなでは多いのか、

ちなみに我が家の娘たちはその2割の中に入っているんだが。

そういう人間の周りはそういう人間しかいなくなるので、わたくしの体感としては

もうちょっと多い気がしなくもないものの、これは個人の見解。

最近の社会的データの出し方は現実に見合ったやり方はできないか

と、聞きたくなるような、まあ、人目が引ける数値をもっともらしく出す手法は

無駄にすごいものの、不思議とこういう数をいじる人っているよね、

文系的数のいじり方、いじましい数値の出し方、と言うか、

なんとなく「俺って数にも明るいんだぜ!」的なコンプレックスを

どこかしら感じるのは私が同類だからか。

最初に働き始める場所を3年以上持たないところを選んでいる時点で、

そこがどこであろうが見る目のない無能感が駄々洩れである現実を

不思議とネットの就活お手伝いします!勢が書かないのは、

大抵「就活お手伝いします!」がそもそも会社に3年以上いたわけではないからで

「底辺職」で有名になった「就活の教科書!」主催者は

半年もたたずに最初の就職先を辞めているのでこれで就活アドバイスってなあ、と

誰も何も言わないネットの優しさには泣けるものがあった。

ネットで誰も書かないのでワタクシが書いておくが、

まともに転職したければさすがに最初に勤務した会社を3年で辞めるな、と

まあ、親のコネクションがあればもちろんそれには当てはまらないが、

親のコネも無限ではないのでどこの誰でも気を付けたほうが良い。

そしてステップアップはたいていいわゆる「リファラル」で、

他人から声がかかる極少数の人間を「コネ採用」と間違ってはいけない、

最初の会社で3年以上がある種の目安であるように、

アップした就職先でもさらに3年以上の勤務実績があってようやく

「できる!」人間とみなされる、

だからつぎはぎでかつやめた後の勤務歴がどんどん伸びるおかしな経歴が

ネットで見られたりして、

「たった2割以下」から離れた話になったが、

どうしてこの手の話をしたがる人間は妙にこわごわいじった数を

ひけらかしたがるのか、不思議に思うボケばあさんであった。

話は変わるが、下の娘に内定をくれるといった某企業が

「そろそろ就職して5年たちますがうちに来る予定はありませんか?」と

メールが来たそうで、娘曰くこの手のメールは割とほかの企業からも来るけれど

そこは珍しくきちんと名指しで来たので驚いた、と珍しい理系人材には多いようで

しかし今の会社を辞める気がないので放置だそう。

ここは、地元のスーパー企業なのでワタクシ的には大変好感度が高く、

いっそお婿様と共にお世話になっては?と考えたりするばあさんであった。

内定を辞退する際も

「(娘の名前)さんは大変優秀なのでほかのもっと大きな企業で

活躍されることでしょうが地元にもし帰ってきたい、地域に貢献したい、と

考えられた際はぜひともご連絡ください。」と感じがよかったので

この度も好感度アップ。人事の人間が凄腕なんだろう。

とりあえず娘自慢にしかなってないネット日記はこれにておしまい。

シリーズ・「ばあさんは見た!」令和夫婦編。

下の娘は元から浮世離れしてもろもろのことに気が付かない性格なのだけれど、

お婿様が我が家に来た時、娘が脱ぎっぱなしの靴を娘が足入れをする瞬間に

お婿様がきちんとそろえてくれて、それに気が付きもせず、当然お礼も言わず、

さらっと履いて、そしてお婿様は自分がそのようにナイスタイミングで

靴をそろえたことを当たり前のごとくに何も言わずに二人出て行ったのを見て

昭和生まれのアテクシは愕然と玄関に取り残されたのでした。

お婿様と娘を見るたび「至れり尽くせり」で

決してそれがお婿様への態度ではないのが「今どき」であるなあ、

とそれともうちの娘だけなのか、

ワタクシは、靴は脱いだ後そろえておけ、くらいはちゃんとしつけたはずなんだけど、

なんかもう、万事において何かに負けてる感を令和の夫婦に感じているのでした。

令和夫婦編、多分続く。

 

シリーズ・「ばあさんは見た!」産婦人科外来編。

最近の産婦人科外来は、親子学級があるために週数によってカップルで来院することは

知っていたものの、婦人科外来のばあさんもじいさん連れで来ている。

80前後になると、爺さんは行くところもないのかもしれんな。

新米ばあさんもいずれじいさん連れで来ることになるのか、

それより、ワタクシ含む、母親、娘カップルの服装の似通いぶりに

妙に納得して、ひるがえってわが娘とワタクシは、と

妊婦になっても個性派ファッションである娘の隣で、私はコンサバのつもりであったが

エレベーターの鏡に映った自分の姿を見ると、

現在アテクシはイケイケな金髪メッシュを入れているので、見た目個性派であった。

なんとなく忘れがちな日常をシリーズとして少しづつ記録予定。

近況。

里帰り出産お嬢様が帰ってきてからずっと忙しい。

今日はお婿様が有休をとって遊びにつれて出ているのでやっとのんびり。

4月末から怒涛の行軍でこの先もその予定ではあるものの、

まあ、人が一人増えるとはすごいことであるというのをここに記録。

赤ちゃんパワーはすごい。終わり。

「昭和レトロ」

メーカー勤務の下の娘がコロナ明けに飲み会が入り始めた時期、

酒の回ったおっさん同僚に

「結婚したら旦那を立てなければ」だの

「仕事をさせてもらうのなら旦那さんに迷惑をかけないように」だの

「仕事をしても家事は妻がちゃんとやらないと」だのの洗礼を受け、

「今どき、こんなレトロなこと言う人間がいようとは!」と驚いて

同期たちのラインで急遽「昭和レトロ発言録」を募ったところ、

出るわ出るわ、昭和親父語録、赴任地を超えてあっという間に集まって

「何かあった時用に」と皆で共有しているそう。

ちなみにこれは女性だけが言われるのではなく、男性も大いに言われて

ともに「昭和レトロ!すごい!!」と男女ともに感心(?)しているのは

ゼット世代よりはちょっと上、の娘たちのジェンダー教育は行き届いているよう。

「わーこんなこと言う人、生まれて初めて見た!」みたいに思った同期は多く

太古の恐竜を眺める気分でまじまじみられている遺物たちはなんと思うやら。

前時代的なことを言われても、相手にしない、

まだ身を削られるがごとくに不快な思いをしないで済むのは時代が変わったせいか、

丸の内OLなる上の娘に言うと

コンプライアンスって地方にはまだ行き届いてないねえ」としきりに感心。

都心でも思ってそうな人間が無数にいて「口には出さないだけだろうけどね」と

「昭和レトロ」な感覚はまだまだ滅びない。

ふと、私が子供時代に読んだ、昭和レトロなおっさん御用達コラムのトンデモぶりを

あれこれ掘ってみたら面白いかも、と思い付いた。

昨日、思い出した「娘が嫁にいくまで娘と同じ年の女は抱けない」みたいな

当時は「いい男のいい話」の最たるものであるがごとく取り上げたようなコラムは

今でもあるのかどうか、親父、おっさん、と言われる世代のコラムを

今はあまり読む機会がないので私が知らないだけか、

大昔のおっさんたちのエッセイ本でも読んでみようか、と思った。

私は大昔、北杜夫の文章が好きであったが、思えば、彼はその世代の人間としては

あまりこの手のえげつない下ネタを書かない人であったな、

飄々として羞恥心も抱く、そういう昭和人もいたこともここに記録。

今、当たり前のジェンダー感を持つ人よりも、こちらの方が珍しく、貴重であった。

男の純情、、、?

子供時代からなんでも読む悪い癖のせいでろくでもないコラムを記憶している。

半世紀近く前、私が小学生時代に読んだ

「娘が嫁にいってようやく娘と同世代の女を抱けるようになった」のエピソードを

「いーい、話!」と持ち上げる内容で、

これを「いい男のちょっといいお話」としてコラムに書く理解しがたい感覚、

要するに「これが本物の「男」ってもんだよ」と男が男を称賛する、

娘を嫁に出したから娘と同じ世代の若い女とセックスできるようになることの

どこが「いーい話!」なのか、いまだ私にはよくわからない。

要するに娘が嫁にいくまで娘と同じ世代の女には手を出せない、

その男の「純情」「誠実さ」を見よ!なんて、どこが誠実で純情なのか、

令和の時代、こんなうわごとを書こうもんなら、

現在上川外相が叩かれている以上のバッシングを受けてほしいものだと思うが、

頭のおかしな自分の親世代の男につきまとわれた挙句に

たった25歳で殺された女性を叩く人間がネット上に山ほどいるのを見ると、

いつまでたっても「男の純情!」なんて言い出す連中にろくなのがいない。

「娘が嫁にいって初めて娘と同世代の女を抱ける!」のどこが純情で誠実か、

私がいまだ忘れられないのはそのコラムニストは

その行動がどれほど家族を、娘を大事にしているかの「証拠」であると、

夜の世界の女であっても、娘と同世代なら娘が嫁にいくまで手を出さないでいられる、

それが男の「純情!」「誠実さ!!」と言われても、

つまりは、自分の娘に対しても性欲を感じる親父が存在する、

自分の娘には最悪手を出さなくても、娘の友達には手を出すかもしれない、

それを当たり前と思う人間が案外世間にはあふれているという事実で、

子供だった私はしみじみ男には気をつけよう、と思ったものだった。

男が女を断罪する言説を昂然と発するネットを見て、

その「私刑」支持は「悪い女を始末したこの男気!」の自画自賛ぶりで、

ただの親父の薄汚い性欲を自分の娘と絡める気持ちの悪いコラムを

私に思い出させたのでした。

親世代からのむき出しの性欲なんて、若い女の子にとっては性暴力で

山ほど金でも貰わないと命を削られるの感覚がネットに浸透しない不思議さは

なんといってよいのやら。

まあ「男の純情」なんて言い出す連中にろくなのはいない、のご理解で。おわり。

越えられないもの。

先日からはてなの話題でも大騒ぎになっている西新宿刺殺事件は

相当被害者バッシングがあるだろうなと思っていたら案の上で、

まことにわかりやすい。

私が最初に聞いた時に驚いたのが被害者の年齢で享年25歳、

大学を出ていたらほんの2~3年くらいでしかない年齢で

店をおこしてつぶしていた、最近やたらネットに出てくる公立校から米国大学

なんてのより、私はこの手の女の子の方によほど感心する。

出来不出来よりその度胸はすごい。

この事件に関しての意見は同世代のロマンなんとか氏とほぼ同意見で

付け加えれば、なんで自分の娘ほどの年齢の女の子と

さほど金を持っているわけではない50過ぎの男が結婚できると思い込めるのか、

ここを被害者を叩きまくっている人間はその年齢差については

いわゆる「爆速でスルー」って感じで笑えてしまう。

無理だろ、まともな感覚を持っていれば。

自分のほぼ半分の年齢の異性とさほどの金もなしに結婚できると思い込めるのは

かなり罪深いと知るべきなんだけれども、そこが気にならないのはなぜなのか。

せめて被害者が加害者と同世代であれば、私は加害者にも同情するものの

お前、年齢差をただと思うなよ。

このあたり、加害者がかわいそう!勢はどう見るのか、

私は数千万を支払っても極端な年齢差の異性関係は支払う側の搾取にしか見えない。

自分がとっくに手放したものを、二度と手に入れられぬものを、

相手から奪おうとする現実からここまで目を背けられるものかね。

加害者が60前の貧しいばあさんで被害者が20代半ばのイケメンホストだったら

どんだけそのホストが非道なインスタライブをやっていようと

さほど叩かれないんじゃないか、

まあ、男女逆転の年齢差でも被害者になるのは女性側のほうが多いけどな。

被害者が何をやっていようが、加害者が異常であるのは現実で

意外にその現実に気が付かないらしいネット民が多いのに今更驚く。

塾の講師が小学生を盗撮するのは当たり前ってことなのかね。

二十歳そこそこで自分の店を持ってタワマンまで行きつくような女の子と

その子の親世代よりおそらく年上の私はかかわりたくはないが

なんというか、薄気味の悪いセックスのにおいがする事件であるのは確か。

しみじみ、言ってはいけない言葉、「キ〇もー!」ってのを叫びたい事件だ。

50過ぎても、若者の、人としての出来がかなり違う、がわからないのは

本当に致命的。年齢差があっても越えられないものがあった、が

理解できない人間が多いのも、また。おわり。