ミステリードラマ雑記。(その2)

以前から薄々感じている、もう「ミステリー」と言うジャンルが年寄りのものである、

要するにドラマは年寄りの視聴者向けに作られている故に登場人物も

若い美男美女はほぼ皆無と化し

「おっさん・おばはん」どころか「爺さん・ばあさん」世代が主人公で

この先視覚のエンターテイメントとはどこにむかうのか、

エンタメ世界の少子高齢化を憂う中・ばあさんなアテクシであるが

それにしても年をとっても女でも人生の勲章が「若い異性」とのセックスなのは

いったい何の罰ゲームなのか、見せられるほうがいいかげんうんざりするのだが

「みんな違ってみんないい!」の「個性派!」女性主人公の

仕事を退職する年齢で孫もすっかり思春期なのにもかかわらず

やってることがその辺の酒場で若い男をひっかけて家に連れ込む、

それが「イマドキのイケてる個性派ババア」の表現方法だとしたら

単に昔のくそショーもないおっさんにだけ気持ちがよく都合の良いドラマの

男女を入れ替えただけじゃないか、

こんなあほな話をいい年して私は見なきゃいかんのか!

と、思ったので途中で見るのをやめた「退職教授ハリーの名推理」。

主人公役のジェーン・シーモア

私は見たことがないが「ドクター・クィン 大西部の女医物語」と言うテレビドラマを

長らく演じていた往年の美人女優でボンドガールを務めたこともあるようだ。

ごく最近、たまたまNHKで「ある日どこかで」と言うクリストファー・リーブの映画で

相手役であったのを見て古典的な美人であるな、この世代の英国女優に珍しく、

などと身も蓋もないことを思ったりして、年をとっても美人は美人であると

感心しつつ、また大学の教師であったとのことでそれなりの品格があるかと

期待してみたのが悪かったのか、ご都合主義でちらっと大学教授としての知識が、って

この程度の話なら大学の先生じゃなくても知っているんじゃないか、レベルのことしか

出てこないやんけ!しかもとにかくかつての美人が無頼派を気取ってるのは

何をあきらめきれていないのか、脚本が悪いのか、それともご本人の意向か、

ミステリーにしてもさほど面白いものではないので途中で挫折してしまった。

「見る価値なし!」と正直な話、星は一つもくれてやれない、

まだショーもなくても1時間足らずで可も不可もない「シスター・ボニファス」の方が

1千倍くらいましではないか、「マクドナルド&ドッズ」の方が数千倍マシ、

控えめで内気なキャラは近年枯れた日陰のおじいさんが独占しているのではないか、

私はアガサクリスティのジェーン・マープル的なものを求めているんだよ、

こんな年をとっても肉食なあたし!が「個性派!」だとしたら

「量産型」大いに結構!としみじみ思う。

長らく愚痴ったのでいったん休憩。続く。

ミステリードラマ雑記。(その1)

ネットで日記をつけるのは結局この手の覚書を作るため。

近年、ことのほか記憶力が失われつつあるアテクシは

それでも「クソ・ミス」だけは忘れなかったりする。

これを忘れるようになるともう終わりよ、、、と思いつつ、

どこがどのようにくそであったのかはうっかり忘れるのでメモとして。

ここしばらく「神様、ありがとう!」としみじみするほど読む方のミステリには

恵まれているものの、その反動と言うのか、ミステリードラマに当たりがない。

何を勘違いしたのかAXNミステリーが「みんな違ってみんないい!」特集を組んで

なぜか個性派(?)の女性主人公のミステリードラマを一挙放映していたが

世の中の「女性の個性派」とは「ちん〇んの生えてないおっさん」のことを

示すのですかね、と聞きたくなるほど、主人公たちの造形が酷い。

まずはフレンチミステリーでフランスで最も視聴率が良かった!をウリにした

「IQ160清掃員モルガンは捜査コンサルタント」、

「IQ160」とついた時点で怪しさ満杯であったが、そういう予感は常に当たる。

何故そんな高いIQの人間が清掃員をしているか、はとりあえず説明がつくものの

要するに今はやりの「発達障害」人間であり、記憶力が良いからと言って

特に謎解きの才能があるとも思えないしドラマ自体に説得力がない。

何故、これがフランスで高視聴率だったか考えて、主人公役の女優人気じゃないか、

と調べたら、あたり。長らく国民的人気のコメディドラマの主要人物だったらしい。

この人が何かをするってだけで視聴率が上がる、おフランスもなんだかんだで単純ね、

ってことだけが「学び」か。やることなすこととにかくめちゃくちゃでがさつ、

でもそれなりにまとまりがあるなら許せるものの、

単にやりたい放題である、でイライラさせられるだけのドラマで

最後までちゃんと見た自分をほめてやりたい。

しかし、アテクシは、さらにひどいミステリードラマが控えているとは

この時はまだ知らなかったのであった、、、、(つづく)

 

 

「ブログを副業でマネタイズ!」なんて「嘘」ですよ。

朝っぱらからヤフーニュースで踏み倒し・〇ろゆきが野田聖子氏を批判しているのを

「裁判をちゃんとやってたら勝てたもん!」とお仲間に言わせている奴がなあと

驚いているおばはん。まことにネットは魑魅魍魎が跳梁跋扈するところよ。

「収益化!」で思い出したのが上の娘が在宅勤務で引きこもりになってしまったので

ネットの「読書会」なるものに参加してみたところ、参加者が娘以外全員

「わたしのブログを読んで、登録して、サロンに金払って!」の「営業」人間ばかりで

腰を抜かした話をここに。なんだったら読んだ本をそっちのけで

「自分がいかにすごいネットビジネスをしているか」

「すごい「有料」サロンをやっているか」

ツィッターに登録して拡散して!!」などと、

要するに「養分」を求めてネットの「読書会」に参加している。

娘が参加している「読書会」は一応そういうことはダメだと言っているにもかかわらず

参加者全員がそっち系なのでどうにもならない。

正直、要するに「収益化!」「ブログでマネタイズ!!」なんてのは

「大嘘!」であるとそろそろ誰かちゃんと言ってあげないといけないんじゃないか、

「ネットで読書会」なんてのもほぼ「恋活・婚活」サイトと同じで

何らかの「営業」人間しかいないものとみなしたほうが良い、とは

ネットに決して出ない事実だよな、誰も書かないんで私が日記に書いておく。

「よくもまあ」と娘から話を聞いて驚きあきれたアテクシは

そういうのにかろうじて引っかからずに済んだ娘でよかったと育ち方に感謝。

私はどこの馬の骨とも知れぬ阿呆が書いたホテル滞在記を

「ノート」で数百円で売っているのを見かけて心の底から驚いたクチなので

申し訳ないが課金してまでド素人が書いたクソのようにショーもない「ノート」を、

「数百円!!!」出して買うことは一生しないことだろう。

「数百円!!!!」って、「貧しくなったー!」の日本では

コンビニ弁当が買える値段だよっ!って、誰も思わないものかね。

一時期やたらと「外資系!」であれば世界征服ができるレベルの人間であるかのごとく

ふかしまくっていた輩がわけのわからない「サロン」だの「講座」だのに

移行しているのはうすぼんやりと認識しているが

そんなものに参加した馬鹿が勘違いして「サロン!」だの「講座!!」だのを

「収益ができる!」とやり始める。

でも実際は人なんか集まらないので本来の目的とはかけ離れた場所に参加してまで

人を募ろうとする。そこまでやっても人は集まらないわけだが。

要するに「ブログでマネタイズ!」連中だって

本当は「収益化」なんかできていないので「サロン」だの「講座」だのを始めるわけで

このネット乞食がさらにネット乞食を再生産する構造をどうにかしないと

いずれ「統一何とか」レベルの被害が出そうな気が私はしている。

既に意見の合う人間が出会う場ではなくなっているのが現在のネット。

娘は読書会の「お試し」で懲りたのでさっさと退会して

心置きなく引きこもっている。

まともな人間はちょっと魔が差してうっかりそういうものに参加しても

サロン登録まではしないものよ、、、いずれ「ネット読書会」も廃れるだろう。

「養分」なんて簡単には見つからないし、そもそも人を「養分」にすること自体

下劣な行為であるともう少し拡散しておきたいもの。

おばはんは昔の人間なので「と、日記には書いておこう」としめるのであった。

おわり。

ネットで日記をつける効能。

なんだかんだで最高の覚書なんじゃないか、と思うんだな、

自分の書いたものが覚えている検索語であっという間に出てくるし。

これをノートに書きつけていたら、いつどんなことを書いてたっけ、となってしまう、

私がいつまでもはてなでダラダラ書いているのは忘れがちなことを覚えておくため、

で、もちろん「収益化!」だの、

そもそもコミュニケーションツールと考えたことがない。

お隣さんがお元気そうで何よりやね、の意識を持つ程度でよいんじゃないか、

長らく書いていると私には理解不能な人間とすれ違うこともあるが

基本的に永遠に顔を突き合わせる機会のない人物だしな。

てなことを琥珀先生が何やらお嘆きなのを見かけて

まあ、そんなに深刻に考えるなよ、だらだらやってればよいじゃん、

もうネットなんてテレビ以下のデマ拡散装置だよ、

はてなでもよく見かけた有象無象がツィッターでいつもいいかげんな話を

いくつ持っているのかわからないほど数多いアカウントで拡散しまくっているし

その片棒を担いでいるのがはてなのブクマシステムだし、

ネットにひょっとしたらあったかもしれない「真実」なんてとっくの昔に

「収益化!」「ノート!!」だのの広告でしかないし、

私はいまだにどこの馬の骨とも知れぬ阿呆が「若者特権!」なんて言い出して

世間知らずでふわふわしている人間を集めてとことんなけなしの金と若さを

搾り取ろうとしているのを見てあきれている。

いやー、この数年、ここまでド外道を見る機会はなかったかも、ってくらい

「収益化!」と言い出した連中のクズっぷりに

まだまだ日本は詐欺師が大活躍できるほどに豊かだと感心するわ。

人を煽って不安にさせて信仰させる、

これは別に「統一・何とか」だけが行ってきたことではなく

その前も、現在も、これから先も、有象無象が必ずやる「収益化!」なんでしょう。

ネットで人を集めるってのは、正直、今の時代でも「まとも」ではない。

と言うことを、子供がいるから理解できる引きこもりがちなおばはんであった。

私は自分を騙しながら生きているので他人に騙される余地がない人間で

本当に良かったな、と思っているのでした。琥珀先生、相変わらずやね。おわり。

しょんぼりおばはん。

まぶしいと目が疲れるのでサングラスをしているとマスクと相まって

怪しさ200パーセントにあがるのでレンズの色を薄くしたものを作ったところ

久しぶりにあった下の娘に、今は亡き「たかじんさんみたい」と言われ

若干、そんな気もしていたのでおばはんはしょんぼりしてしまったのでした。

たかじんさんがなくなってもう何年もたつというのに、

幼かった下の娘がいまだ忘れていないのにはびっくり。

たかじん味あふれるおばはんはいよいよ本物のおっさん化しているのかと

なんとなく新しい眼鏡をかけるのが嫌になってしまっているものの

かけるとやはり目が楽なのでなぜか微妙な後ろめたさを感じつつかけている。

お洒落サングラスをかけた素敵マダムにはなれず、なぜかやしきたかじん

とほほ。おわり。

コロナライフ・3度目の夏。

年寄りたちのワクチン予約が取れなくて。(涙)

今の年寄りは「反・ワクチン!」なんて思いもよらないのね、賢明だわ。

お盆の時に孫やひ孫の顔見たさにさっさと予約を済ませてしまう。

元々お盆前までの個人病院の枠が少ないようで、あっという間に取れなくなった。

ホンマに今どきの年寄りは国の言うことをよく聞く、

戦前の教育が行き届いているのかしらね。

私の周囲で「受けない!」なんて年寄りは皆無。本当に教育は大事。(ちがう)

大規模接種会場に予約なしで行けるんだけれども、そういう混雑したところには

連れて行きたくないし、微妙な年齢のアテクシも行きたくない。

何とか空きが出ないか、毎日サイトをにらむとするか。とほほ。

世界的に見ればもうコロナで死ぬのは「自然死」扱いにでもなったのか、

海外では「ノーマスク」でやっていたりして、弱毒化されているのは確かなんだろうが

やはり、かかりたくはないし、年寄りにかかってもらいたくはない。

またうちの自治体の予約サイトがぜい弱で、不調が多い。

しばしばする目で毎日ネットをやるのがつらい。

多分、お盆明けには空いてくるだろう、

今年のお盆はうちの娘たちは帰省してこないので、やり過ごすことにするか。

長らく生きた年寄りたちが「反・ワクチン!」ではないことになんとなくびっくり。

戦火の中で育ったにしては国を信じているのだな。見習っておこうか。おわり。