雑談。

「知人女性を勝手に堕胎」外科医は麻酔薬を病院から盗んだそうで、

これは実に大変な事件、病院は管理責任を問われるだろうから、

関係者は怒り心頭だろうなあ。

逮捕された医師によほどのコネでもない限り、医師免許剥奪になりそう。

もう10年近く前になる慈恵医大所属の既婚医師が交際相手に

中絶薬を騙して飲ませた事件は有罪の上、医師免許剥奪だったそうで

苦労して国試に受かっただろうに、こんな馬鹿なことをして免許剥奪ってなあ、、

そういえばずいぶん昔に筑波大学医学部卒の医師が

妻と二人の子供を殺した事件があった。

基本的に赤の他人である妻に手をかけるのは漠然と理解できないことはないが、

まだ可愛い盛りの二人の小さな子供まで殺すって、無期懲役刑らしいが、

ちょっと軽いんじゃないか、3人殺して無期懲役、世間は医者に甘いな、の印象。

普通の会社員だったら死刑のような気がする。

なんとなく、医師が起こした事件は頭に残る。数が少ないからか。

たとえ胎児であったとしても子供を殺すのにためらいのない医者ってなあ、、

と思うのは、私が一般人からかな。おわり。

ホットエントリでは絶対出ない意見

アフターピルは女の子の味方!!」ってのは、はてなのホットエントリのお約束だが

私がかねがね不思議なのはその市販化を悪用しそうなのは妊娠させた男側だ、の

意見が出ないことだったりして。産ませたくない男は山のようにいるでしょうに。

ネットで話題になっている「知人女性を同意を得ずに中絶した外科医」なんて、

確かにこれは模試「アフターピル!」が市販化されてたら

おこらない事件だったりして。

似たような事件は何年か前にも慈恵医大でなかったかね。

ああいうのが一般的に出来るようになる危険性をはてななんかでは絶対出さない。

これはウェルク問題よりよほど深刻な話だと思うが、

この偏りが気にならないらしいはてな人が多くてうんざりする。

産みたくない女より実のところ産ませたくない男のほうが多いんじゃないかな。

特に現代は、非嫡出子であっても平等に扱われるようになっているし、

DNA検査もあるしね。

故に「これは女の総意だ!」でアフターピル市販化を女に叫ばせる形をとる。

私は今と同じく、きっちり産婦人科医に出してもらうべき薬だと思うけどね。

もっと言えば、女の子はかかりつけの産婦人科医を持つのを推奨して欲しい。

何かあればちゃんと診てもらえる、ホルモンバランスの崩れとか、生理不順とか、

男の子のお○んち○問題もある程度はかかりつけがあっても良い気がする。

自分の体のことで相談できる窓口が確保されてるってよいことよ、、

特に若い子は年寄りより必要じゃないか、こういう利権を確立してくれれば

選挙だってこれから変わるかもしれない、なんて、

若い子に無理をさせる社会だから、もっといろんな意味で生活を良くさせたい。

くっそしょーもない、アフターピルは正義!なんて聞きたくもない。

しかし、中絶した外科医はどうやって手術をしたのか、

看護師さんとか、諸々、手術室の手配とか、あとの殺菌とか、

どうやったものか、このコロナの時期に。

続報を追うかな。おわり。

日常雑記

最近、トラベルシリーズと銘打った数種類の香水サンプルがあって

それが大体小さなアトマイザー型になっているので便利。

アテクシが若かりしころ、無料でもらえる香水サンプルは

たいてい小さな試験管型に入って使うときに不便だった。

使いづらいので大昔にもらったものがまだあったりして。

先日、ゲランでもらった香水のサンプルも

同じようにアトマイザー型で持ち運びしやすい。

買うにしてももらうにしても少量なので飽きっぽい私にはちょうど良い。

最近の香水は面白いほどトップ・ミドル・ラストノートが

はっきり変わるのがわかって、進歩していると感心する。

先日、全然知らないメーカーのものをポイントが余っていたので買ってみたら

期待以上の良さで、買ったのは日本製とフランス製で値段はほぼ3倍違うけど

二つとも同じく良質だった。もちろんフランス製が3倍高い。

日本は香料の歴史はそこそこ古いのに、香水はいまひとつぱっとするものが

無い様に思っていたが、進歩しているもんだ。

香水と言えば、少し年下の古い知り合いがずっと資生堂のバラ園を使っていて

お母様の代から愛用しているそう。

2代続いてずっとそれ、と言う迷いのなさに育ちの良さ、豊かさ、を

感じるのだよなあ。

私はいまだにあれやこれやに迷い続ける。

迷うのが楽しいのでやっているけれど、こういうあくまでもずっと同じを使う

頑固さが時々私には足りない、と思ったり。

バラ園を見るといつも彼女を思い出す。

そういう香りを持ちたいものだが、もう遅い気もする。

せめていつもそこはかとなく良いにおいがしているおばはんになりたいものよ。

コロナで一番恐れているのは、嗅覚を失うらしいこと、

アテクシは最近毎朝、アクアアレゴリアのココナッツフィズの香りで

「まだ、コロナにかかってない」を確認している。

これが出来なくなるのは悲しい。治るといずれ嗅覚は戻るのかね?

戻って欲しいものよね、、、、終わり。

 

はてなの風物詩。

お盆時期になると暇なのか、増田で釣り記事が上がりますな。

40代が20代の新卒指導をして迫る!なんてのも釣り記事として見たが

何回やっても失敗作にしかならないものを無理やりホットエントリにあげるって

それだけ「本物」が「レア」だと言うことなんだろう。

あほな医学生は巷に溢れてるんでなりすましてそこそこ書ける気がするが、

アホじゃない本物の医者がはてなには存在するんで即つっこまれるので書きにくいか。

先日の40代中年男のセクハラ増田は、40代男全般へのバッシングかと思ったが

今回の「自称・理系女子」はひどくてつっこみどころすらない。

こうやって、なんにも知らない人間に偏見を増長させていくんだな、

阿呆を武器に使う輩は呪われろ!としみじみ。

それからはてなで理系を自称する人にまともな学歴の人間が

ほとんどいないとよくわかる。本当にはてなに理系っているのかね?

お勉強って大事よね。

また、ブコメのやらせ感がなんとも。

増田にブクマが500以上ついているのにブコメがその半分にも満たないってなあ、

これをやってる集団は何が狙いなのかね。

 工学部系女子の就活記事でも書きたいのかね、需要はないと思うけどな。

もう情報ってなかなか本物が手に入らない時代になったなあ。

ホラ話で稼ぐ時代はそろそろ終わりかな。

年長者のセクハラ擁護はやめて欲しい。

 

 増田ではしつこく「40代が20代に恋心を抱いたら悪いのか!」なんてやってるが

悪くはないが黙っとけ、がわからないのが異常ってことで、

ごく一般的な40代の人間なら、それが異常だとわかっているのに、

いつまでも言い張ろうとするその行為そのものが異常だと、

異常者って意外に社会に多くないんで、まあ広告かな。

2018年の記事で「過度なセクハラ社会が恋路を邪魔する!」があったので読むと

40代で結婚したくなったけど結婚相談所登録はいやだ、なんて人間は

かなりおかしいと私は思うんだが、記事では彼を「まとも」と扱っていたので驚いた。

結婚したいなら相談所が一番話が早い、と考えられない40代男なんて

常識がないと考えてもおかしくはないだろう、

まことに情報社会は男に甘いことよ、、、

たぶん、まともな相談所なら「40代で20代の女性ね、、、うーん」と

当たり前の事実を突きつけてくれるだろうから、

私はまともなところを探して登録するのをお勧めするな。

結局「小額課金で若い女とのセックスにありつけるかも!」の男は

「恋活」ビジネスで少なくない金を巻き上げられるんでしょう。

若い女の子に恋心を寄せるのは、相手に何も言わなければそれでよし、

でも行動に移すのは常識に外れた行為だ、に抵抗する行為そのものの異常性を

社会で問題にしていることが理解できない、

異常ではないと言い張るその心性は十分ハラスメントに値する、とわからない、

こんな異常者に「好意を持っているだけだ!」とつきまとわれる若者の恐怖が

わからない人間が少なからずいるとは、戦慄してしまう。

私は自分の娘世代だからと言っても、たとえそれが同性でも

見ず知らずの若者にむやみに近づこうとは思わない。

年下とかかわる行動そのものが危険を常に帯びているからで、

それが理解できない年長者はどこかしら、狂っている。

セックスなしにしても、違う世代の人間と交流するのは

双方ともに慎重になるべき、は年長者が必ず知っておくべきことではないか。

これは親子関係にも言えることで、

この先、大人になった娘たちとの付き合いもよく考えていかなければと思う。

親子関係でも難しいのに、ましてや会社でって、釣り記事であって欲しいものよ、、

 と思っていたら、某役所で30代女性に50代男性が車の中で勤務中に迫る、

なんて事件が起きたらしく、この手のことをしでかす人間は異常だと、

耐えかねて訴え出た女性職員の勇気に、涙。

それでも若干の擁護意見も出るのだよな、、

「恋心」は万能ではない、を理解しておくのは大人の必須条件よ、、

それですべてが許されるように思うな、と。終わり。

ネット雑記。

昨日見かけた「40代増田が会社の20代を食事に誘う」は

どうやら新しい婚活サービスの広告のようで、

早速「すぐ付き合える!」なんて怪しげな外資系(?)のサービスが

ホットエントリに。

「すぐ付き合える!」って、

キャバクラの同伴に金を出したほうがまだ確実な気がするが、

何故この手の若い女の子を食い物にしようとするものを

「ビジネス!」と言い張る連中がずっとはてなに居座るかね?

「教えて!秒速先生!!」と私は常に言いたくなるんだけど、

まあ、ここらあたりがやってることなんでしょう。

就活でもそうだが、この手の「ネットビジネス!」って

結局は食べるに困らない、

でも「ビジネスしてる!」のタイトルだけが欲しい、

地方の小金持ちで金はあっても地元では肩身の狭い、

故に東京でぶらぶらしている有象無象がきゃっきゃとやってるもので、

なくても困らない、と言うよりなくしたほうが世の中マシになるものなのだよね。

いまどき、そこそこの会社だとある程度の年齢になるとセクハラだのなんだのの

研修がある気がするんだけど。

そもそも、40代が個別に20代の指導って聞かないな、

少なくともうちの娘とその周辺ではそうだ。

しかし、何故ネットの広告はいつまでもあざとく、

つい見てしまったこちらを小馬鹿にしている不愉快なものばかりかな。

私はツィッターで「ばずったから宣伝!」と言うのにうんざりする。

いや、嘘を言ってばずらせてるだけじゃん、

それも大体ネタは決まっていて「日系大手企業はこんなにクソ!」が鉄板、

たくさんトンデモ情報を見かけたわ。

いや、それ、既に大手じゃないから、ってなつっこみどころがまた、

人を集める手立てなんだろう。

この手の連中が日本の企業に向ける敵意はなんなんだ、

異様に「外資」を持ち上げまくる、自己欺瞞もここまでくれば見事なものだ。

娘が東京で働いていると、この手のどうしようもないあほな有象無象の話を

山ほど聞かされる。それで「ビジネス」が成り立ってる部分もあるんだろうな、

と思いつつ、人はあほなことをしてあほなことで騙される、と

しみじみ、自分も騙されないようにしよう、と思うのでした。

はてなの増田なんか見てる時点でもう致命的かも。と、ほ、ほ。おわり。

映画雑記。

CSでやっていた「寝ても覚めても」を見た。

今回の件で色物に見られる映画だが、なかなか良い。

特に主人公の唐田えりかちゃんが大変良い。

おそらく、唐田えりかちゃん、ありきの映画ではないか。

この子の不思議な存在感があってこその作品で、叩かれて消えるのは残念。

元々私が気に入っていた女の子であるからかもしれないが。

相手役の東出君も二役の不気味さも良いんだけれど、

この役は他の俳優でも置き換えられる。

でも唐田えりかちゃんの不安定な女の子の役は、この子以外では考えられない。

何を見ているのかわからない、どこかにふわりと消えてしまいそうな、

存在そのものの不確かさがひっそりとした判りにくい美貌の持ち主である

唐田えりかちゃんにぴったりだ。

この役を他の若手女優さんに出来るとは思えない。

映画は贅沢な作りで山下りおちゃんや伊藤沙莉ちゃん、瀬戸康史君など、

若手の実力派俳優が脇を固めて、その一人ひとりが主演でもおかしくない、

確かな存在感に比して、モブの一人でもおかしくないおとなしい雰囲気の

唐田えりかちゃんが別世界の人物であるかのような、

主人公以外が笑ったり怒ったりする場面がどこか何かを隔てて見えているような、

主人公の脳内でのみ再生されている世界のような、

まさに「寝ても覚めても」同じ世界、

生そのものが不確かであるのを思い至らせるほどの茫洋とした世界観が、

彼女の存在で明らかになるようだ。

唐田えりかちゃんはとても良い女優さんのように思うのだけれど、

消されてしまうのかね?もったいない気がするな。これだけの女の子を。

彼女の美貌は現代的ではないけれど、おそらくどの時代においても

どのような男性にとっても「気になる女性」になるだろう。

この魅力は、同世代の女性には、わかりづらい気がする。

そしてわかっても反発を招きがちではないか、

彼女の魅力に男性がとらわれたら最後、いつまでも魅入られる。

このような魅力は本人が意図してできることではないので、難しい。

なんとなく、むしろいつまでも東出君に執着されてしまった、

気の毒な若い女の子に私には思えて、悲しくなった。

良い映画作品なのでもっと見て欲しいし、二人をあまり叩かないでほしい。

勧めたら叱られるかもしれないが、星は5つで。

美しい青春映画だ。