小説・「パトリック・メルローズ」その2

この小説の登場人物の誰にも共感できないので困る。

私が下層民で、出てくる人物ほぼすべてが中~上流の貴族だからだろうが、

出てくる連中、無個性か、個性がありすぎてろくでなしか、

パトリック自身もいつも何らかの依存症を抱えているので

(薬とか、女とか、酒とか)私のなけなしの同情心は吹き飛ぶ。

多分、中・上流階級の方々は私が好む「ガッツを見せる!」を下品と思うので

あえて著者は彼らが努力する場面を描いていないのだろう。

登場人物の中で一人だけ、ガッツを見せるのが、中の下くらいの階層出身で

パトリックの父親のろくでもない友人の元愛人のち、裕福な貴族と結婚した女性で

階層を上げる努力を果たしたと思ったら、夫にないがしろにされる、

しかしされたとわかった瞬間に、夫を置いてさっさと出ていくのだからたくましい。

ドラマの中でもその場面は痛快だ。

パトリックのくそ父親の傍に存在して腐らなかったのが彼女ただ一人。

上層志向が強く子育てを拒否するろくでなしだが、あっぱれである。

このエピソードのタイトルが「サムホープ」、小説でもドラマでも3作目。

「some hope」の意味はおそらく「なけなしの希望」、

彼女のその後はドラマでも小説でも出ないが、不幸にはなっていないだろう。

最終巻「アトラスト」で、精神的にも金銭的にも振り回した母親が死んで

その葬式の場でようやく、パトリックは母親からも卒業する。

パトリックは母親が死ぬまで、母親と自分は父親の犠牲者で

あんな父親を夫に持たなければ母親はあんな人間にならなかった、

と、思い込んでいたが、実はそうではない。

自身の子供への虐待は夫婦の共同作業だった。

実は、母親は息子ばかりか息子の周囲の子供たちをも自分の夫の嗜虐のいけにえに

すすんで差し出していたことにも気が付き

両親ともにどうしようもない人間だったのをようやく認められるようになる。

自分が父親から性的虐待をされていたことも母親は「知らなかった」のではなく

「見て見ぬふり」をしていたこともようやく理解する。

おそらく、母親が存命のうちはそれを認めたくなかった。

そこがこの物語の救いの部分で

ろくでなもない両親に虐げられてもなお息子は「情け」を奪われることはなかった。

おそらくこの心は継承されたものではなく自分で培ったものだと、

両親の愚かさを容認することで自分自身を受け入れる。

だからこれからの人生は少しマシになるんではないか、の結末だが、

先ほど、ドラマ主演のバッチ君のインタビュー記事を読むと、

主人公は「結婚して孤児を養子に迎えて家族を持つ」の部分があったので、

あの可愛い息子たちはやはり養子だったかー!と驚いている。

長いんで読み飛ばしたかな、やはりべろべろに酔っぱらったくそ親父は

幼い息子に割礼失敗という究極の性的虐待をして生殖能力を失わせたか。

小説のその結末の衝撃をドラマではもっと柔らかく描いたよう。

ドラマは上手に作られている。(続く)

 

 

小説版「パトリック・メルローズ」(その1)

この小説のテーマは親の呪縛からの解放なのか、どうもぴんと来ない。

実の父親からの性的虐待を友人に話す場面など、コミカルに書かれているので

この特徴的な「軽さ」が読みやすさにつながるのだが、

深刻な部分を読み飛ばしそうになってしまうので、解釈に困る。

小説では最終部分で、まだ赤ん坊だったパトリックに

医師免許を持っているが、人を癒すより「始末」するほうが多かった父親が

べろんべろんに酔っぱらって割礼をしようとする場面が出る。

うまくいくとはとても思われないのに、だれも父親を止められなかった、

結局それが本当に施されたかどうかははっきりせず、

ただひょっとしてその時、パトリックは子供を作る能力を失ったのではと思わせて

ちらりとだが、パトリックが愛してやまない息子たちは「養子か?」と思わせる。

パトリックの夫婦生活は破綻してその理由が長らくの「セックスレス

特に二人目の息子を持ってからは「完全レス」とあるので、私の考え過ぎなのか、

ドラマでは省かれて小説部分でも最後に出たのでわからない。

 この物語のもう一つのテーマは「継承」で、実の息子に性的虐待をした父親もまた、

幼年期に通った名門校で年長者から性的虐待を受けていたことにさらっと触れて、

性的虐待の連鎖もまた上流階級特有の「継承」なのか、下層民の私には測りかねる。

「継承」は「経済的虐待」である「廃嫡」もあり、

パトリックの父親は男爵であるその父親から早い段階で廃嫡されている。

それで「働かなければいけない」と医師免許を取得したようだ。

このことが父親の異常な性格を刺激した部分らしいが、私はおばはんなので

何があってもくそはくそと知っているので特に同情はない。

「廃嫡」というテーマはパトリックにつながる一族全員にまとわりついている。

アメリカの富豪一族の一人であったパトリックの母親も

父親ではない貴族と母が結婚したため、継承するはずの資産の大部分を失っている。

権利と思われていたものが本人たちには不当に奪われたと思われる痛みを

周囲が抱いて、ある程度以上豊かなのに喪失感を常に抱いている。

喪失感というよりは「被害者である!」感か。

しかし、パトリックの母親もまた本来実子に与えるべき資産を

他人に無駄に費やして一人息子にほとんど何も残さない、

莫大な資産を失ってもまだなお夫よりは裕福であったパトリックの母親だが、

彼女が自身の母親から立派に継承したのは愚かしさだけで、(男選びとか)

暴虐の限りを尽くす夫とようやく別れた後、奇妙な使命感を持ち

妙な宗教団体に金をばらまいてあっという間に資産を無駄に減らす。

彼女に最後に残された、一人息子のパトリックが愛着を覚えている美しい邸宅も

怪しげな「ヒーラー」に無条件で譲渡する。

そのヒーラーに邸宅を与えたとたん見捨てられると、

財産を両親からもらえなかった息子のパトリックに平気で依存する母親の精神構造は

どうなっているんだ?と不思議で仕方がない。

しかし、パトリックは母親を最後まで見捨てられない。

この母親はいつまでも「自分探し」をする世代の人間で

常に自分が「よい」と思ったことが正義で絶対なので

不自由になった体で辛いから安楽死したいと、

母親が利用する施設の費用の捻出さえも難しい息子に頼んで、

(母親が無駄に資産をヒーラーに与えなければ自分で出せたのに)

息子は四苦八苦しながら安楽死の方法を見つけ、なけなしの金をかき集めて

旅立たせようとするが、手筈がすべて整ったとき「やっぱりいや、怖い」と言い出す。

わたしならためらいなくその場で母親を絞め殺す、とパトリックにしみじみ同情した。

そもそも、資産のすべてを怪しい「ヒーラー」に譲る手立ても阻止しようと思えば

出来たはずなのに、人が良いのか、ジャンキーだったので頭のねじが跳んでいるのか、

母親の言うなりになるってどーゆーことよ?と私がパトリックの妻なら詰め寄るな。

これぞ恐るべき「共依存」か!と、しかしパトリックの妻もパトリックに似て(?)

妙に人が良く優等生なので許してしまう。

このうざったらしい母親とのあれこれは「マザーズミルク」と名付けられた4冊目に

描かれて、最後の「アトラスト」に続くが、長くなったのでまた明日。

 

小説・「パトリック・メルローズ」 ドラマを先に見るか、後で見るか問題。

私は「先に見てあとで読む」でよかった。

そもそもベネディクト・カンバーバッチ(以降バッチ君)でなければ

ドラマも見なかったし。見なければ決して読まなかった小説である。

ドラマは本が5冊と同じく5話で、

この長い小説を上手にドラマにまとめたと読み終えた後、感心した。

はしょった部分があっても小説の世界観を映像で再現できている。

小説が面白いかは私は先にドラマで情報が入っていたので読めたが、

ドラマになるほど良いのはどこかと言えばわからない。

私にはかかわりのない英国の中~上流階級のお話だし。

貴族の末裔が人生がイマイチぱっとしない上に倒錯した性に走った挙句、

さほど幸せにもならず死んでその性的虐待にさらされた子供が

大人になっても苦しむ話、というと身もふたもないが、これ以上の感想がない。

ドラマ化された世界が美しいので見る価値はあるが、読む価値があるかというと

ドラマをもう1度見て楽しむために読んでもいいかな、程度。

お金に困らないようで困っている中~上流階級で、微妙な豊かさのはざまでもがき、

そのもがきが何世代にもわたっていきそうな、

主人公であるパトリック・メルローズはそこから何とか出られそうな、

希望があるようなないような。

思いっきりネタバレだが、母親が父親からレイプされてできた子供がパトリックで

実の父親は息子である幼いパトリックをも性的に虐待する。

立派なキチガイ父親が母親と息子の人生をぶち壊す話だが、このキチガイ父親、

ドラマでは冒頭で死んでいる。小説の第2作目がドラマの1話目になっているので、

これは良い決断だったと思う、このほうがあとあとすっきりみられる。

小説では暗澹としたパトリックの幼少期が語られすでに性的虐待を受け、

レイプでできた子供であるのも幼いながらうっすらと知っている。

まことに救いのない話が続くので、何も知らずに読み始めていたら、

本を途中で投げ捨ててたな。

我慢して読み進めて2話でろくでなしの親父が死んだのはいいが、

父親の性的虐待によるトラウマで青春期のパトリックはすっかりジャンキー。

大きくなってから親父をもっとぼこぼこに殴っても良かったのよ、と

育ちの悪いアテクシは思うが、上品な階層出身者のパトリックはしない。

クズくそ親父は異様な魅力があって、映像はこの怖さをよく再現している。

私は小説だけではこの恐ろしさが理解できなかっただろう。

クソなオヤジは妻と息子だけではなく、昔からの友人にも暴虐をちらつかせつつ

年をとっても心理的に友人を支配していたりする。

「こんなにくそなのに?」と私は思うが、名門校でともに育った「ご学友」の関係は

奇妙にお互いの人生に絡み合って抜け出すことができないようだ。

諸悪の根源のような父親役をドラマで見事に演じたのがヒューゴ・ウィービング

人の好さがにじみ出る顔立ちのバッチ君の父親としては

悪相であるものの異常なのにどこか品格があった。

彼のあまりの存在感に立ち向かうのは人生の無駄、と私も思いこみそうだ。

ドラマでは、まず父親が冒頭で死に、最後に母親が死んでようやくパトリックは

自分の人生を受け入れられる「かも」で終わる。

この小説の著者は貴族の末裔で書いていることはほぼ実話らしい。

日本の翻訳本に乗る近影はバッチ君よりイケメンだ。

イケメンが苦しみぬいた半生の小説、ドラマでは省かれた気になる部分を明日メモ。

続く。

 

さて、3月。

今年は毎日書いてみようと決めて何とか2か月。コロナのおかげか。

ワクチンは今年中に私のような一般人にも回ってくるか、

免疫性疾患のある私はみんなが忘れたころにうっかりコロナにかかったりするのを

一番恐れている。「何で今頃」なんて思われるのは悲しいし。

インフルエンザ同様、受けたい人は毎年受けられるようになってほしいものよ。

先日、下の娘が1度目の帰省した時、「お雛様を出してね」と言われて、

2度目に帰ってくるときに何とか間に合わせて、今度は「早くしまってね」と

プレッシャーをかけられるおばはん、とほほ。寒い和室に行くのがつらい。

私の地方では娘たちそれぞれにお雛様を用意する風習があるので、二つある。

特に下の娘のお雛様が、上の娘の段飾りと値段を合わせたのでお高い作家もの。

これを大変娘は気に入っていて「お嫁にもっていきます」というが、

お雛様って、そういうものだっけ?持って行って良いんだっけ。

古い友達のお嬢さんが昨年女の子を出産され今年初節句でああだこうだと

調べていた。お相手のお母さまが趣味のうるさい方らしく、てんてこ舞い。

大学の先輩の嫁ぎ先はご大家だったので、特注の人間国宝とかの作家ものを

毎年「今年は三人官女」「今年は五人囃子」と10年かけて揃えていた。

毎年、出すのが大変だろうな、としみじみ。お手伝いさんがいたっけな。

お雛様というものは、とかく手間がかかるものよね、、と

アテクシが孫に贈るとしたら遊べる木組みのお雛様にする予定。

気軽に出したりしまったりできるものが一番。と、おばはんは思うのでした。

よそ様のお雛様を見に行きたい。おわり。

「アンチフェミはおいしい」

最近のはてなは広告に「アンチフェミ」を使うのに味をしめているようで

増田で障碍者枠まで使っているようだが、「加害する障碍者」で思い出したのが

現在は「レッサーパンダ帽男殺人事件」としてウィキペディアにある

丁度20年前に起こった事件で、被害者の女性が生きていれば立派な中年女性だ。

この事件は女性が悲鳴を上げて逃げ回っていたのに、

当時話題になったレッサーパンダの帽子を加害者がかぶっていたため

若いカップルがじゃれているだけのように周囲が思ってしまった、

被害者のまだ19歳だった女性が執拗に刺されて死んだにもかかわらず

ネットでは女性が男性をからかったかのように書かれたりして

やはり「被害者が悪い」にさらされたのを私はよく覚えている。

この加害者は知的障害があったにもかかわらず障碍者申請をしていなかった上

強制わいせつの前歴もあり、無期懲役になったようだが、

殺されても「女が悪い」と言われがちな社会で職場で無難に女性がやり過ごすのを

障碍者に女は冷たい!」などと20年たっても非難される、

なんと世界は女性に、特に若い女性に地獄であることか。

それを「差別主義者!」と吹き上がる連中を何時間でも小突き回してやりたい。

何らかの被害にあった女性に「自衛!」なんて言うくせに、

「自衛」をしたら「不親切!」とののしる。

この構造を広告業者は「アンチフェミは人が集まっておいしい」と繰り返す。

次はアンチフェミ連中に何を売りつけますかね、

「婚活女は1千万円以上の年収を狙う馬鹿ばかり!」とか

「女は暴力で言うことをきかせたら喜ぶ!」とかの本ですかね。

当たらずとも遠からず、と私は思っているが、

このショーもないエッセイが人生の何の役に立つのやら。

またこういう活動で人を集める連中が「起業!」とか言って

「私たちの「ミッション」は!」と判で押した頭の悪い表現を使うのを

私は「宗教」と思ってみている。究極に儲かるのは「宗教」だし。

「ミッション」って本来は布教活動だったんだよな。

ネットの主に就活・婚活を扱う「起業家」がよくこの言葉を使うのは

何の冗談か、と思いつつ、

「昔宗教、今就・婚活」が若者が引っかかってはいけないものと考えている。

女が広告に使われるのは今も昔も変わりがない。

それにしても特にはてなはやり方が酷い、と思うのでした。

「アンチフェミ」が無駄金を持っているから起こるこの現象が繰り返す限り

弱者男性なんてこの世には存在しない気がする。おわり。

ニュースの続報とあれこれ。

ネットでだけ「優秀!」ともてはやされる慶応大SFCの4年生で

「起業の金が欲しかった」鶴岡某氏は現在どうなっているか、

良きご家庭の子弟なので不起訴になったかと思ったら、

さすがに1000万円以上の詐取は許されないらしく、再逮捕、

共犯で愛知県春日井市の会社員で田中幸一(22歳)も逮捕され

このノーベル賞受賞者と一文字しか字が違わない親不孝者と、

鶴岡氏はどこでつながったのか、同じ年なので大学かと思うが、その情報はない。

愛知県春日井市と東京都港区白金台の接点は謎。続報が出るかどうか。

岡山済生会総合病院の医師で妊娠させた相手に無断で堕胎手術を施した藤田某は

懲役2年だそうで、これは執行猶予付きなのか、求刑は5年だったのでゆるいような。

社会的制裁は受けているとはいえ、これは本当に悪質な事件で

同じ病院に勤める人間は本当に迷惑したことだろう。許しがたい。

無断で堕胎と言えば、最近福岡で20代の男がやはり妊娠させた交際相手に

堕胎薬を嘘をついて飲ませて逮捕される事件があって、

この薬は中国からわざわざ取り寄せたそうでこのコロナ禍でよーやる。

私は「アフターピル市販化!」に正直に言って反対派で

理由がこれほど男に都合の良い話はないからで、

でもはてなではどこの薬会社から金が出てるのか

「ピル市販化絶対正義!」派が多くて驚かされた。

クズな男は何度でも女に買わせて飲ませるよ、それが狙いでしょ、ってのが

反対理由なんだが、なぜか「ピルが市販化されたら女性は自由になってハッピー!」な

大賛成派にブコメで執拗に絡まれてこれにも驚かされた。

「売れる」から市販化大賛成なんでしょ、ってな市場の原理を理解しないのは

どんなお花畑かと思ったらこれもまたブコメと星しかないあからさまな業者で

薬は儲けが大きいからな、という感想しか出ない。

のむ人間は何度でものむしのませるし、売れて売れてしょうがないでしょうな、

性病が某所で蔓延している事実は、これの事情を書くと「差別!」と言い出す人間が

湧くから詳しくは書かないが、若い世代の性病の蔓延はいずれ確実に

不妊にもつながるだろう。何が日本人のある程度の健康を守っているかを理解しない、

金だけが正義の輩がはてなには多くてうんざりする。

日本人にコロナ死亡者があまり多くないのは、公衆衛生で守られているからだけどね。

でも多分、コロナが収まったらこの話はまた出てくるでしょうな。

私は産婦人科処方でよいと思うしもっと性犯罪の相談が気軽にできる社会構成に

なってほしいと心から願っているが、「売れるもの売って何が悪い」が勝つか。

「女性の自由のために!」などといわず「売れるから売りたい!」と正直に言えば

まだ許せるものを。ド外道であることを隠さないのを評価してやるわ。

健康や安定は失った後に初めてその価値に気がつく。情けないことよ。

ミステリーチャンネル「ロシア外伝」トークイベント・メモ。

昨日、8時からユーチューブで生配信のトークイベントをマイダーリンが見つけて

視聴。私はユーチューブをほとんど見たことがないので、こういうものなのか、

ただひたすらに出演者二人が話すイベントで面白かったが、画像は地味だった。

主演のマクシム・マトヴェーエフが特別にコメントを寄せてくれたとのことで

現在、役作りなのか、スキンヘッドになって体型も細身に落としているせいか、

ロシアの気のいいイケメン兄ちゃんに見えて親しみやすい。

英語と片言の日本語を一生懸命話すのが可愛いので日本でも人気が出るとよいな。

出演者はシャーロキアンとして有名な作家とロシアファンの漫画家で

シャーロキアンの持つ資料が大変濃い。

「こんなものがあるのか」と、この方のトークだけで3時間は特集が組めそうだ。

シャーロックホームズが日本に来た設定の小説を日本人作家が書いているらしく

私は知らない名前だったが、ダーリンいわく「ゴジラ」の脚本を書いている人のよう。

読んでみたいので、後で調べることをメモ。

ロシアファンの漫画家の話もロシアをほとんど知らない私にはすべてが興味深く

スプートニク・日本」というサイトを教えてもらってさっそく見た。

今回の「ロシア外伝」と「貴公子探偵ニコライ」の主演俳優へのインタビューがあって

サイトの画像も美しく凝っている。ロシアを知るために今後チェックする予定。

漫画家氏曰く、ロシア人が特別ホームズモノを好んでいるわけではなく

日本と同じく常に本屋に本が置いてあるレベルで、

それでも今回の「ロシア外伝」は良く出来ている、

彼のツボは皇帝が本物そっくりだったことだそう。

確かに持ってこられた写真がドラマ内での皇帝によく似ていた。

彼が「最後の皇帝」として有名なニコライの父親で、私は知らなかったが、

彼はもともとは皇帝になる予定ではなかったそう。

なんとなく現エリザベス女王の父親を思い出す。

漫画家氏が話してくれたもので私が最も興味深かったのが

ロシアで使われる紅茶器の話で、英国同様ロシアでも紅茶が親しまれ

ただ飲む器が陶器ではなくガラス製で

これは英国では紅茶が中国経由で入ったに対しロシアではトルコなどから入ってきた、

真鍮(?)の綺麗に装飾された台座がついた独特のガラス茶器は

どこかトルコの茶器に似ている気もする。

それから「ロシア外伝」でホームズが勧められる私にはキドニーパイに見えたものは

ピロシキ」だそうで、「ピロシキ」が常に揚げパンではないのは知っていたが

ドラマ内でのその形状はほぼ「パイ」だったのでそれも「ピロシキ」と初めて知った。

しかしどう見てもキドニーパイなのであれを敬遠するホームズは私には不思議だった。

英国でもキドニーパイは一般的だろうに。

ホームズは育ちが良いのでそのような庶民の食べ物は知らない設定か。

私はあの「ピロシキ」には食指が動かなかった。

「貴公子探偵ニコライ」の中に出てくる道端で売っている柔らかそうなパンが

おいしそうに見えて食べてみたくなった。

「ニコライ」の中では紅茶を陶器で飲むシーンがあるのだが、

あれは「英国風」と気取っている感じなのか、

警察署内でおっさんたちが飲むのはやはり台座付きのガラスの器だった。

ロシア文化、知らなくて面白いので調べてみる予定。

番組はまだ配信しているのかな?面白いのでドラマの前に見るのをお勧め。

おわり。