雑談。

はてなのホットに就活中に「芸術ってなんの役に立つんですか?」

とたずねられた云々のツィートを見かけて、

ブクマに「工学部卒業予定者でも聞かれる」ともっともな話を。

自分の専門の話を流暢に話せるかどうかは、能力として必要じゃないか、

下の娘(工学部・現在M2)の学部で不動産業に就職した友達は

専門を聞かれて「まだ3年なんでそこまで深く勉強しているわけではないですが」

と、先生や先輩の研究内容を話して「採用!」となっていた。

別に博士課程卒業者はあまりに語りすぎて「何で研究続けないんですか?」

と聞かれたとか。正直に「お金が続きません」と答えてこれも採用。

工学部生の中には相手が「もう結構です」と言っても、

「まだあります!」と話し続けて、これは不採用だったよう。

時間切れであるのを無視したせいだろう。

下の娘も聞かれてぺらぺらと応え始めると

「わからないのでもういいです」といわれることが多かったとか。

面接官が技術職者か、完全文系の人間かで変わるそう。

「わからないなら、何で聞くかな?」と憤っていた。

故に文系の人間でもわかる説明をつとめるようにしたらしい。

「ママにでもわかるように説明したらウケた」と、

母ちゃん、ちょっと悲しい。

下の娘の場合、活動しなくても就職できた説もあるが、

本人が変わった方向性で仕事探しを始めたので短期間に様々な経験をしていた。

研究室はいつも同じメンバーでにつまることもあるので、

息抜きに就活をしていた。

娘曰く、就活より辛いのは実験で結果が出せないことで、

就活は気分転換にちょうど良かったそう。

娘の周囲だけかもしれないが、「就活、病むぅ」とか言ってる人間は皆無で

ささっとやってささっと終わらせている学生ばかりだった。

人生で、就活より辛い経験をしている人間は強いな。

大学部活出身者が強いのは人間関係でもまれるからなんだろう。

私が就活のアドバイスをするとしたら、

出来るだけいろんなバイトをしてみるをすすめるかな。

一日派遣のバイトを色々経験するのが

地方出身の内気な学生には向いているんじゃないか。

下の娘は工学部でフル単で院進で体育会系伝統部活で、

ロイヤルストレートフラッシュみたいな人間である上にじっとしていられないので

しょっちゅうバイトに行って社会勉強をしていた。

それでも研究系で職を得ようとするのは至難の業だったんで

就活業者がいい加減な言説で「就職で勝てる方法!」みたいなのを煽るのは

害悪以外の何者でもない。

就活業、と言うのは本来、就職先を世話する人間のことで

ショーもない「アドバイス!」なんてものではないことを

もっと知らしめたほうが良いだろうにな。

同じことを「婚活アドバイザー」にも言える。

馬鹿でもいえるようなありきたりの言葉で他人を無駄に消耗させるより

直接相手を見つけてやるのが「アドバイザー」「仲人」の仕事だろう。

ネットでは山のようにショーもない「アドバイザー」「コンサルタント」を見かけて

何でこんなのに引っかかる人間がいるのか不思議。

世の中に詐欺師の種は尽きないな。おわり。

 

日常。

早く無印良品のネットが復活してくれないかしら、、、

おばはんは腹巻つきパンツを買いたいと言うのに、

ネット注文が出来なくて、涙。

店に行っても、雰囲気があまりよくない、

何かが滞っている感があって店員がイライラしている、

こういうときに店舗で注文もしづらい。とほほ。本当に今はネット社会。

私が利用するもうひとつのネット通販も調子が悪いらしく

注文品がまだ届かない。あっちもこっちもなぜかね?

利用する通販サイトで最も充実しているのがユニクロ

ユニクロはレジのシステムも便利になって感心する。

ユニクロがこういう技術に相当金を使ってると考えてよいのかね?

すごいね。

今日、ショッピングモールでいかにも「コンサルタント集団!」を見かけて、

客の前をさえぎるように集団で横切っていく20代前半の

いかにもよいお家のお嬢さんお坊ちゃんたちの中で

2年後にこの仕事をまだしている人が何人いるか、

一人もいない気がするのは、

集団の風圧によろめきそうになった、おばはんの気のせいか。

仕事は「続ける」よりその仕事にいったん「ついた!」だけが

ステイタスになる世界がこの世にはあるらしいが、

そんなステイタスは何の役にも立たない。

ちゃんとした「コンサルタント」は目立たず動くが

もうそういう「コンサルタント」は存在しないものなのかな。

地方の企業主が送り込まれてきたあまりに傍若無人な若いコンサルタント

激怒した話をちらりと聞いた。

コンサルタント!」と誇らしげに名乗る人間は増えたようだが、

本当にちゃんと仕事が出来るコンサルタントの数は

昔とあまり変わってない現実を垣間見た気がした。

たたき上げの中小企業の社長たちは大学卒の銀行の若手に

頭を下げさせるのが一種のステイタスになっていた時代があったが

今は銀行員の替わりに名前の通ったコンサルタント会社の

ぴかぴかコンサルタントに頭を下げさせるのがステイタスかもしれないな。

そういや、ぴかぴかの経歴のコンサルタントの卵の最初の仕事が

高校を出ているかどうか怪しいおっちゃんの接待のために

コンビニに酒を買いに行かされることだったと知って涙した。

プライドが高いとストレスはたまるだろうな。

でもそのために給料が良いんだから我慢しないとな。

それにつけても無印良品のネット再開が待たれることよ、、、

終わり。

若者叩きと老害と。

先日テレビで「イマドキの若者は海外に行こうとしない!」なんて

バブル脳以下の言説を弄しているのを見かけて、

誰とは書かないが、これを言ってた連中って、

結婚を数回しても子供を作らなかった連中ばかりで

早めに○んで、と心から。

イマドキの若者のどこにそんなお金があるんだろうか?

お金もなしに飛び出して悲惨な目にあったら、

命を落としていても「無謀な行為!」なんて責め立てるのに

それでも「海外に出て行かないイマドキの若者はなっとらん!」って

要は自分以外の人間が気に入らない、

もっと言えば若者が「若い」というだけで気に入らない、

老害そのものであるの認識のなさ、もっと言えば世間の狭さに泣ける。

いまや、旧帝大であっても工学部の学部卒で文転就職をする人間が増えている。

その最大の理由が「金」であることを全速力で老害たちは無視をする。

地方の国立大生のほとんどが奨学金借金を利用しているというのに

それ以上の借金を抱えさせてまで、海外に出る理由ってありますかね?

私が昨日「リクルートスーツの黒は礼服の黒と違う」なんて言説にむかついたのは

何で今お金のない若者に式服を買わせようとするショーもない「礼節」を

当然のように求める輩がいるのか、

そもそもリクスー以外にスーツを必要とする職につける学生がどの程度いるのか、

お前、小一時間小突き回しながらねちねち責め立ててやろうか、

一人暮らしの若者がさして着る機会のないスーツを用意するスペースを

狭い部屋のクローゼットに用意させるのが「本当の礼節!」なのか、

私は明らかにリクスーで社葬の手伝いをする若者は素敵だと思うが、

世の中の人間はそうではないのか、

はてなの阿呆が激馬鹿なのか、判断しかねる。

はてなに、昭和において来い、な感覚を持つ老害が多いのはよくわかったが。

若者には金がないのが常識で、その中でもやりくりしてよくがんばっていると

私はかねがね感心して彼らが今努力する以上のことを求めないのが

本当の「大人の礼節」だと信じているが、テレビもはてなもそうではないらしい。

私はしみじみ思うんだが、

「本当の黒」を出すために白生地から選んでまず藍の色から染めて

そこから何度も黒を繰り返し染める、

そんな生地の礼服を持つ人間はこの世の中、どの程度いるのか、

「本当の礼服の黒はリクルートスーツの黒とは違う!」と言う人間は

当然その漆黒の服をもっているんだろうな、

それから役職に応じて礼服も変えるんだろうな、

少なくとも5着以上黒のスーツを持っているんだろうな、と聞きたい。

葬式の黒と結婚式の黒は本当は違うくらいは当たり前に知ってるだろうな、

叙勲だのの黒もまた違うのを用意できるんだろうな、

当然、家の格式によって葬式の黒も変えているんだろうな、と聞きたい。

中途半端な「礼節」を振りかざして、若者いじめをする奴は

早めに○ね、とだけ。なーにが「本当の礼節」じゃあ、ほんま、腹立つ。

おわり。

就活業者(=詐欺集団)大キャンペーン中?

定期的に「就活ビジネス大キャンペーン」として「リクスーが黒なんて!」ってのが

まるで「ピルが市販化されて女が飲めば世界はハッピー!」と同じように

繰り返されるが、これ、学生の都合はまったく考えていないんだよな、

要は「黒以外の服を売りたい!」「就活ビジネスでファッションセンスを売りたい」

「とにかく情報弱者の学生(とその親)に金を吐き出させたい」

がミエミエで、「葬式の黒とリクスーの黒が一緒なんて」みたいなブクマに

山ほど星がつくって、いつからはてな

そんなに由緒正しいお家の方ばかりになったんですかね?

一般社会ではフツーに葬式はリクスーでもオッケーなんですが。

と、田舎モノなので今まで手足の指以上の回数の葬式にでまくっているおばはんが

言いますよ、小さな会社の社葬だと普通にリクスーの新人が受け付けやってますけど、

はてなって、そんなにも格式高い葬式に行く人ばっかりかね、笑うわ。

ま、葬式はともかく、着るもので差別がされないで済む、

みんな同じ黒は就活生には便利なんで、これをいじるのはやめてくれないかな。

まあ、ウチは終わってるけど。

着る服を決めるのに困らなかったはまともな学生には大きいのだよね。

同じ服を着ていてもどこか違う優秀な学生を

名の通った企業の採用側は見抜ける程度に優秀だろうに、

そもそもほとんどの名の通った企業は

たとえそれが外資系であってもコネ採用が多い。

コネ採用の出来の悪いのがすぐついていけなくなって辞めるので

より優秀な学生が欲しいのは事情としてよくわかる。

しかし「黒以外を着ればわかる!」ってワケではないからな。

黒スーツが定着したのは利便性があるから、は確実なのにそこをいじりたい、

まずははてなみたいに実はかなりの情報弱者が多い場所で騒いで

何とかしたいというのは、これから就活する学生に迷惑。

書いておくが、ネットで意識高いくせに

「俺って陰キャ」だの「多浪生」だの「エフランだけど」だのと言って、

「こんな俺でも、私でも○○産の「就活何とか」で攻略できた!」とか

ツィッターで書く学生が何を言っても業者のサクラ。

決して一般学生の声でもなんでもない。というか、

学生ですらないだろ、こいつら。

娘二人が親のコネなしに真剣に就活した結果、親も学ぶことが多かった。

就活業者は全員がたちの悪い詐欺師。

いつも自分たちに都合のいいことを煽りまくる、

その片棒を担ぐ馬鹿はてなブックマーカーのどの程度が業者関係か、

暇があったら調べることにするかな。

どこかの誰かの「おためごかし」で騒いでる連中は屑、

学生の邪魔をするのは辞めてほしい。

美味しくない紅茶は

飲まないマイダーリン。

先日上京したときに茶葉を買い忘れて現在ネタ切れ。

ルピシアでひとつづつパックになっていたものや

もらい物のティーバッグで文字通り「お茶を濁して」いるものの、

正月に誰かからもらった可愛いパッケージのお茶は

美味しくなかったようでティーポットに半分以上残っていた。

で、私が飲むと、あんまり美味しくないな、

何故、紅茶好きは紅茶なら何でも飲むと思われているんだろう、

好きだから当然よいものしか飲まないとは思いつかないかね?

なんて罰当たりなことをぶつぶつ。

マイダーリンは以前は「日○紅茶の一番安いので良い」なんて

とぼけたことを言ったので本当にそうすると、

「ごめんなさい」と謝ってきたのでもとの良い茶葉に戻した。

それから何年経つか、

私はコーヒー派でチャレンジャーなので

時々とてつもなくまずいコーヒーを飲む羽目に陥るが、

マイダーリンは私の安定供給で美味しい紅茶を飲んでいる。

しかし、たまにあほな私が目測を誤って買い忘れる。

そしてろくでもない紅茶を飲まされて、ポットに残す。

茶葉というのは繊細で、やはり日本では個別のティーパックにするのが

一番鮮度が保たれて良いようにおもうが、なかなか、ない。

個別も紙製ではなくアルミパックがベストじゃないか、

アルミパックでも数個入っているものではだめ、

故にたまにひとつづつパックのルピシアを買うんだが、

ここも基本的に茶葉自体はそれほど良くないからなあ、、、

というわけで、よき茶葉を明日買う予定だが、

マイダーリンは明日までいまいち茶を飲まされるのであった。

ちゃんとしよう。

 

人生メモ。

知り合いのお嬢さんが、就職して知り合った同僚ととんとん拍子で結婚して

昨年、親の反対を押し切って「頭金なし、35年ローン」で

マンションまで買ったんだけれど、これからローンを返そう!となった今、

何故か夫君の浪費癖が再発したそうで、お困りになっている。

結婚するときに浪費はしない!と、

実際ここ数年は浪費せずに結婚費用もマンションの諸費もちゃんと払えるだけ

ためられたのだけれど、安心したせいか、よく無駄遣いをするそう。

しかもそれを夫君のお母様が唆すそうで、その理屈が

「(妻も)同じだけもらってるんだから、大丈夫、買っちゃいなさい」って

妻が同じだけもらってるから、何故、夫が浪費して良いのか、理屈がわからない。

でも、そのお母様は諌めるどころかどんどんやっちゃえ、みたいな、

早くに父親を亡くして母親一人でお子さんを育てた人にしてはなんとも不可思議。

知り合いいわく、

「結婚してマンションを買うまではそんなところをかけらも見せなかったのに

いくらなんでも頭金ゼロ、はひどいと思って、

こちらがお金を出したのが悪かったのかしらね、チョロい、と思われたのか」

と、しかも夫の親が諌めないとなると、妻側の味方がいない。

知り合いは良識的な地方人なので、嫁にやった娘の家庭にあれこれ口を出すのは

どうかと考える人間で、娘の愚痴は聞くものの、

その配偶者に意見することはないようだ。

しかし、お金のことでしょっちゅう激しい喧嘩になるようで、どうしたものか、

子供はいないものの、もうマンションだって買ってるし、「離婚!」とはいえない。

「ひょっとして、それまで待ってたのかしらね?」なんて、知り合いは暗い顔。

大学卒業して、すぐ結婚してマンションまで買って、次は子作りだ!と、

人生全て順風満帆、に見えてたものの、ここに来てこんなことでつまるとは、

なかなか難しいもんだと考えさせられる。

ま、夫君が浪費癖を改めれば済むだけの問題ではあるけどな。

浪費癖は、私にもあるので、どこまでが臨界点か、難しいよな、

たぶん、期限を決めていつまで我慢する、みたいなのが

わかれば抑えられるんじゃないか、

35年ローンはできるだけ早めに返す目標を妻側は立てているので

それにもっと協力的になるようにもっていけたらよいね、の結論になったのでした。

しかし、「妻が同じだけ稼いでいるから夫は使ってよい」って

どういう理屈として発生したのか、謎。

と、全然稼いでないのに、年にコートを数着買うおばはんがなんか言ってますわ。

他人の浪費癖の愚痴を聞くのは同じ浪費家として辛い。おわり。

日常。

還暦過ぎてもまだまだ現役として働かされるマイダーリンは

連休にかかわりなく今日もお仕事。

遠く離れた娘たちは何をしているやら。

そして暇なおばはんは今日も楽しく

就活、お手伝いします系・いきりツィッターを眺めている。

今日は自称・某ファームのバリキャリコンサルタント

もうすぐ2児の母になるらしい東大卒を臭わせる素敵女子から

「プロファームのアシスタントみたいなの」という不思議な言葉をいただく。

ツィートの内容は、今の仕事に疲れたので

「プロファームのアシスタントみたいなのに応募したけど

もったいないって言われちゃった」という、

もって回った「あたしって、バリキャリ!」の説明文。

 この方はまだ20代前半でなんとトップコンサルティングファームに勤める

激務系女子でお子さんもいらっしゃるわけなんだが、

時々載せるお写真のお部屋がなんともわびしい。

同じく激務系コンサルタントの夫がいるにもかかわらず、

あまり広い部屋にお住まいではないようで、大変不可思議。

それはともかく「プロファームのアシスタントみたいなの」ってなんじゃ?

と調べると、でるのは農業会社、

ハテ、この方は農業従事者になりたいのか?

要は「私みたいに優秀な人間は一般職じゃなく総合職じゃなければ!」

といいたいようで、でも何故か「プロファームのアシスタントみたいなの」と

いやいや、大きなコンサルティング会社でアシスタントする人って、

新卒入社のコンサルタントたちでしょう、ジュニア、って言うんじゃなかったか、

本当の「ファーム」でも入所したての弁護士たちがアシスタント業務をするのが

「常識」ではないか、なんとも不思議なお言葉を発せられる。

そういえば以前やたらと「夫の部下がぁ」と言いたがる素敵女子をお見かけして、

さてはなんとも素敵なバリキャリ、と

とかくいかに自分がバリキャリか、夫が優秀か、を常にお言葉にするのを

楽しみに注目していたら、ある日いきなり消えてしまったりして

おばちゃん、悲しい。なかなか得がたい人材であった。

そして今回見つけたこの素敵なバリキャリ女子も

そのお言葉は本当に東大卒でトップコンサルティングファームにお勤めの

優秀なコンサルタントなのか、はなはだ怪しいところがあるけれど、

どのように今後つじつまを合わせるのか楽しみなので注目しておこう。

私はこのてのなかなか楽しげなるツィッターをいくつか保存しているが、

つじつまの合わないツィートが増えたと思うと急に消えたりして、

残念に思っている。

時々自撮りやお子さんを載せるこの方にはがんばって欲しいと思う。

「プロファームのアシスタントみたいなの」か、

これぞいわゆる「パワーワード」かしらね、ぐふ。