いろいろ。

マイダーリンが珍しく見たがった2時間ドラマ×2「女系家族」、

寺島しのぶが見たかったらしい。彼女は常に秀逸。

しかし、誰も見ていないとでも思ったのかあまりの演出の変さに

今年見た一番印象に残るドラマになったかも。

家族間のどろどろを描かせたら追随を許さない山崎豊子原作で

時代を平成にしているものの、赤ん坊を「やや」と呼んだりして、

「明治かー!」みたいな、全体におかしな感じになった。

それ以上に変なのは渡辺えりがなぜかよく「踊る」!

お付き合いしてか長女役の寺島しのぶに比して影の薄い姉妹役の

水川あさみ山本美月も踊る、この変な踊りが頭に残って、本筋がピンとこなかった、

あとは宮沢りえがほそい、くらいか。原作を現代にするのに無理があったな。

プリンセス・愛子様、祝、ご成人。

ちょっと見ないうちにお母様の美貌を受け継がれて美人さんになっている。

ほわっとしたかわいい系の女の子のように思っていたけれど。

スラッと背も高くてとても素敵、愛子様も子供時代は良からぬ噂を流されて

それが根拠ないものだったのは話している映像を見るとよくわかる。

何故、天皇ご一族は妙な叩かれ方をするのか、謎。

ネットでご家族の教育方針を見かけて、「正しい!」と。

「人に頼まれたことはちゃんと最後までやる」、

これを親に教わっている人間は実はそう多くいない。

やってないことをさもやっているかのように見せかける狡さを

「コミュニケーション能力!」なんて言い放つ連中が多いこの世の中で

「他人に頼まれたことを期限内にやり遂げる!」は大切なことだとは

世間に出たらだれも教えてくれない。

「それ、お前の仕事だろ!」なことをまともにできず、

言い訳だけは山ほど出てくる人間をどれほど見ることか。

事務系の人間にそういうのが紛れ込んできたとき

ちゃんと仕事をする、出来る人間の負担は3乗にも4乗にもなる。

アテクシは都心の某区役所で愛想は良いがこれほど仕事のできない人はいないだろう、

なんてのに巡り合ったことがある。

むしろ、君、何ができるの、ここで何をしてるの、と聞きたくなるような。

何を聞いてもぺらぺらと自分が知らない言い訳は出てくるんで

窓口で人をけむに巻くのが仕事かと思ったわ、

ちなみに私に必要な情報は彼女の窓口の脇に置いてあった小冊子に全部あった。

「それならこちらをどうぞ」とすら、言えない人間であったわ、、、恐るべし!東京。

「言われたこともできない、、、」なんてのは外から来る人間にはともかく、

中にいる人間にまで思われてしまっては、人生が終わる。

でもそれを若いうちに教えてもらってない人間が大多数。

教育方針って大事と思わされたおばはんであった。

おわり。

ドラマ雑記・北氷洋(THE NORTH WATER)

ミステリーチャンネルで一挙放送、2021年・BBC1制作 

2016年ブッカー賞候補作、イアン・マグワイア原作。

ミステリーというよりはクライムノヴェルか、後味が良いとは言えない作品。

最近のドラマの傾向なのか、すべてが驚くほどさくさくと進み、

全6話であるもののミステリーとしては3話目ですべてが完結する状態で

「これから後の3話はどうなるんだー!」と思っていると、冒険譚となる。

コリン・ファレルのビッグネームに惹かれて見て、

マイダーリンともどもその映像のスケールに圧倒されてはいたものの、

途中「「レヴェナント」、入ってる?」になったりして、

殺したての熊の中に入って暖をとる、は何らかのお約束事なんですかね?

主演はコリン・ファレルではなくジャック・オコンネルという売り出し中の若手俳優

ロケをしたらしい寒い寒い海でご苦労様、若くないとできないよな、なんてな

映像はまことに素晴らしく、マイダーリンが隣でひたすら「お金かかってんなあ」と

しかし、私には謎が多く残って、首をかしげてしまった。

殺された少年の性感染症は誰からのものだったのか?がドラマでは最後まで出ず、

これはミステリーなのか、アイルランド出身の若者の成長譚なのか、

作者へのインタビュー記事を読むと

コナン・ドイルがかつて船医をしていたことに着想を得た」とのことで、

主人公ののパトリック・サムナー君は元はアイルランドの貧しい家庭出身で

両親をチフスで失って親切な医師に引き取られ軍医となりインドに行くが

そこでトラブルに巻き込まれて心の傷を負い行きついた先が

ろくでもない捕鯨船の船医だったけれど、まあ、苦難、苦難の嵐。

インドでどのようにひどい目に合ったかは、ちらちらと出てきて、

最初は両親を失ったかつての自分と同じようなかわいそうなインド人幼児を

保護しようと努めて果たせず、その後のもろもろはどういう成り行きだったか、

ドラマ上の情報をもとに想像力を働かせるしかない。

映像にはうまくまとめられているが原作を読んだ方が面白そうだ。

原作はたぶん、サラ・ウォーターズようなヴィクトリア朝期のお約束事が

かなり上手にちりばめられているのではないかと思う。

1回1時間6話の小品で、お気楽に見られるとは言えないが、

「あーこんな寒いところで苦労せずに家でぬくぬくできて幸せ!」を感じるには

良い作品だと思った。お勧め度は星4つかな。

肉体改造して頑張っちゃってるコリン・ファレルが見たければ星は5つかも。

おわり。

追記・書き忘れていたが主人公の軍医時代の上司役が

「シャーロック」でろくでもない鑑識官役をしていた俳優さんで

この方はこの手のいやな小物悪役をさせたら右に出るものはいないんじゃないか、

「ゲット・デュークト!」でも良い味を出していた。

名前はジョナサン・アリス。次世代のマーク・ライランスかも。

私は大好き。

 

雑談。

ネットでは即日完売した、しかし私が着ると「ねんねこ半纏」味のある

ユニクロのセオリーコラボコートを買ったにもかかわらず、

また、ユニクロをプラプラしてハタ、と出会ったコートを買ってしまった。

「一目会ったその日から!」のような出会いで、

さすがにこれ以上コートを増やしても、といったんあきらめかけたが

3900円であったにもかかわらず12900円出して買ったコートより

しっかりしている。

買って帰って気がついたのは昨年のコラボ商品で元の値段は12900円、

まさに「お買い得!」であった上に、正価で買った今年のセオリーコートより

気に入ってしまう。「軽くてかたくて暖かい」奇妙なコートで多分メンズ、

この中途半端に長身なアテクシにはよく似合う。

12900円のコートをもっと着なければいけないというのに、

なぜ3900円で満足するかね、お前はホンマに型落ち人間じゃー!

というのはさておいても、やはり気に入って着るものに越したことはない。

そしてここに告白しておく、アテクシはけしからんことに

某「ヘ〇ノ」のコートを受注してしまった、お前は何をやってるんだ、と

本当に自分でもあきれる、ちょっとしたストレスが先日あって、

その腹いせについやっちまった、あぁあぁあぁあぁ、、、(エンドレス)

それがやってくるまではおそらく一番よく着るだろうこの「パデットコート」

3900円、おばはんは何故コートばかりを買いまくるのか、

日替わりでコートを着ることができる人間であるのに感謝するべきか、

もっと反省するべきか、とりあえず、ユニクロ3900円コート、優秀。

トホホ、おわり。

今年、一番の。

印象に残ったことを。

まだ記憶に鮮やかなプリンセスご姉妹の抱擁場面。

思わず「頑張って」と笑顔でお姉さまを抱き寄せたように見えた

美しい映像は心を豊かにした。普段の仲の良さがうかがわれて

一部マスコミが何を言ったとしてもこの姉妹はちゃんと育っている。

嫁ぐ姉が一番身近な妹に強い信頼をされているのは素晴らしい。

妹姫は姉姫よりも自由な存在なんだろう。

姉姫様のご意思を尊重するのは世間の一部が言うほど悪いことではないと思った。

それからこの言葉をたぶん私は一生覚えているだろう、

小田急刺傷事件の時に一番の被害者の女子大生を止血して手を握り続けた

同じ20代の看護師さんの文春のインタビュー記事で、

「(被害者の女子大生)のことをずっと、ずっと思っています」と

この言葉は無限の癒しを大多数の人間に与える。無償の言葉だから。

信じられないような理不尽にさらされ命すらも危うくされたときに

見ず知らずの人間から救いの手がさし伸ばされ、

痛みを共に分かち合う「言葉」を贈られた事実が

この先、大きな被害を負った女性の人生をきっといつまでも明るく照らす。

今は、それが理解できなかったとしても。

「ずっとあなたのことを思っています」の言葉は私の胸に響いた。

とんでもなく身勝手にふるまった挙句に他人に当たり散らす人間が目立つ世界で

こんなにも優しい、豊かな心を持った若い女性が存在する。

きっと、一人だけではない。たくさん、いる。

この事件で大きく動いた素晴らしい人間がまだ若い女性だったことは

世界の無限の可能性を信じさせる。

言葉の世界でどれほど社会がゆがまされようとしても世界はまだまだ美しい。

忌まわしい事件に巻き込まれた若い彼女たちのこの先の人生が

より豊かで美しいものになるように私は無限に祈る。それから私の娘たちのことも。

料理雑誌・雑記。

久々に本屋に行くとクックパッドが出している雑誌にムーミン柄の皿が付録について、

これはむしろムーミンの皿に雑誌がついているってことだなと手を伸ばし

ついでに数年ぶりに「きょうの料理」と「おかずのクッキング」を買った。

かつては12~1月号をおせちとクリスマスメニュー狙いでこの二つの雑誌を

必ず買うようにしていたもののメニューに新鮮味がなくなったのでやめていた。

久しぶりに「きょうの料理」と「おかずのクッキング」をめくると、

「おかずのクッキング」はずいぶん薄くなった上により料理手順をシンプル化して

こうなると「家庭料理とは何か」まで考えさせられる。

「ひと手間」がもう「買って袋から出す」レベルにまでなるんじゃないか、などと、

「おかずのクッキング」主催の土井善晴氏を私はこよなく尊敬していて

彼がこの共働き主流のご時世に「家庭料理」を存続させようと

意識改革を常に試みているのには頭が下がる。

しかし「おいしいパンを買って家族で作るクリスマスのお菓子」は違うんじゃないか、

ならばもう「ケーキ」は外で買って来い、でいいんじゃないか、

無理してカスタードや生クリームを作らんでもなあ、などと罰当たりにも思ったり。

迷走中ですかね。

それより驚かされたのが「きょうの料理」で、

見事なまでに料理研究家のメンツが10年以上前から変わっていない。

「藤井恵・大原千鶴・栗原はるみ・脇雅代・渡辺あきこ」と、私世代にはおなじみだ。

若い世代が表紙に来ないとは、つまりはこの世代はネットで活躍中なんだろう。

わざわざNHK料理本に参加する必要性がないのか、なんとも複雑な気分だ。

そして「何でククパが紙媒体?」と思ったネットメイン会社が扶桑社と組んだ雑誌は

初手から「めっちゃハードル高っ!」って、

「ウールロールパン」という、形状の面白いパンがあったのでどんな作り方か、

とレシピを読むと、最初に「パンの材料をすべてホームベーカリーに」とある。

「ホームベーカリー」なかったら作られへんやん!とつい叫んだおばはん。

ざっと見た限り、「ククパ」の雑誌レシピは新しい「調理器具」を多用している。

若者世代に人気で、あの大谷翔平君も朝ごはんに使っているという

「ブルーノ」のホットプレートが出てきたりして、

これがイマドキの「家庭料理」のあり方かもしれん。

「調理器具が皿も兼ねている」ような、なんだったら取り皿も紙でも良いかも。

テフロン加工の調理器具はざっと拭いて水を入れて沸かすだけで汚れもすぐ落ちる。

「時短簡単ごちそうレシピ!」とうちの娘がこの「ブルーノ」欲しがってるはずだわ、

既存のメーカーよりお洒落でしかも軽いらしい。

我が家にあるホットプレートは重いので出すのが大変。

なんにしても、おばはん(ばあちゃん?)世代には調理家電のハードルがあって

むしろ「ククパ」が一番難易度が高かったのでした。

時代やね。おわり。

服装雑記。

急激に寒くなったので先日、ユニクロで即日完売したらしい

セオリーコラボのブロックテックコートを着ている。

チラシで見て、あら可愛い、とその日の昼に見たらもう3着しかなかった。

その後それを身内に愚痴ると大都会では開店前からお洒落な身なりの人間が

列を作っていると聞かされ、丈は高いが横幅も出てきたアテクシが着ると

若干「ねんねこ半纏(死語か)」感のあるコートなので、

「お洒落都会人が着る服」と身内に断じられ、そりゃー失礼しました、

アテクシは庭掃除とご近所散策に使い始めてまあ、まあかな、なんて考える、

やや、ビニールっぽくてごわつくよ、都会人、それで平気か、と思うのでした。

都会ではそんな感じで受け止められているのか、知らなかったな。

機能的には十分なので満足している。ユニクロにしては高かったが。

先日、お出かけした先でお洒落な人をちらほら見かけて、

やはり「出かける」とはこういうことが大事、

自分では気がつかないお洒落の仕方をしている人を見て「なるほど」と思う、

最近は私世代でも上手なカジュアルスタイルをよく見かけるので参考になる。

私は通販サイトのスタッフコーディネートをこよなく愛しているが、

50代スタッフはあまりいないのだよな、

ギリギリ40代後半くらいで、参考になるような、ならないような、

となるとお外に出かけて同世代、それより少し上のおしゃれマダムたちを

見る機会がないと、おばはんはどんどん頓珍漢な着こなしをしてしまいそうだ。

私は背が高いのではずした格好をするとより目立つ。(涙)

そして私が好きなお洒落な人は大体小柄だったりして、

小柄な方のお洒落が大柄な人間に合うわけではない、に最近やっと気がついた。

私はチマっとした小技を利かせられない人間であると、

人間が大雑把な上に大柄なので、いよいよお洒落が難しい、

それでも場所をとる人間なのでせめて人に不快感を与えないでおきたいものよ。

先日のお出かけではお高い素敵トレンチコートを着ていたので

好感度の高い扱いを受け、満足しておるおばはんであった。

この年齢になってようやく「おしゃれ」は難易度の高いものと知る、

時間の余裕が出てきたともいえる年代である。

お出かけはやはりよい。オミクロンが弱毒だとよいな。おわり。

 

「不動産屋」には気を付けて。

昨日、はてなの話題にも出ていたtiktokの画像拡散で特定された不動産業者は

性犯罪歴がいくつもある人間だったようで、

こういうのが「スー〇」とかののぼりを上げた怪しい個人の不動産屋に

もぐりこんでるんだから、若い女の子が一人で部屋探しなんかしちゃだめだ。

この暴力ナンパ(?)男、一見、こぎれいにしているから、

女の子も断るにしても丁寧に心がけるんだろう。

でも断ってもしつこく付きまとい、挙句に女の子に暴力をふるうような男、

禁固刑でよいのではないのかな、余罪は明らかになったもの以上に山ほどあるだろう。

不動産屋の話に戻せば、この手の「営業」の人間はショーもない部屋を脅して貸すのが

「お仕事」なので「恫喝」できるような男を集めるんだろう。

実際、マイダーリンが無邪気にもネットで見つけてきた不動産屋には

ひどい目にあいかけた。「こんなろくでもない部屋に大事な娘を預けられるか!」と

この「アテクシ」を脅したクソ不動産屋に、当時放射能の影響か(わはは)

切れ切れに切れたアテクシはくそみそに言い返して撃退したことがある。

田舎者の人のよさそうなおばはんと見てなめてかかってきて、

ホンマに今思い出しても腹が立つ。恐怖心より怒りが強くてよかった。

あんなろくでもない不動産屋が扱っている部屋に

若い娘が一人暮らしをしていると知られたら、何が起こるか、考えるだけでも怖い。

不動産屋に案内された部屋で強姦される事件も多発しているし、

とにかく若い女性は何があっても一人で部屋探しはしないこと。

ちなみにろくでもない不動産屋はすぐに名前を変えるので

今回の馬鹿の勤務先も特にさわりはないだろう。

なんだったら名前を変えてまた同じ暴力男を雇うかも。

「不動産業何年」なんてステッカーも裏技があるので当てにはならない。

若い男がたむろっているような不動産屋は確実にNG、

店の前の張り紙を読んでいるだけで人が飛び出てくるような不動産屋もNG、

こういうのは「もっと良い物件がある!」などといって

張り紙に出している部屋は扱ってない場合もあったりして。

業者歴や「スー〇」「アパマ〇」の「のぼり」はあまり信用せず、

フランチャイズフランチャイズしないと人が来ないような業者が混じる)

事務所に様々な年齢の人間がばらけているかどうか、若い女の子だけではない、

パートのベテラン感のあるおばちゃんがいればまともであることが多い。

不動産業界はおかしなのが高確率で混じっていることをここに。

今の家探しから始まって娘たちの下宿探しに至るまで辛酸をなめつくした

おばはんの不動産屋への恨みは骨の髄まで。おわり。