最近のわたくし。

既婚の下の娘の部屋を片付けている。

なんでも「捨てちゃダメ!」で積みあがってきたものが

正月に幼馴染たちの家に遊びに行って驚くほど部屋に荷物がなくなっているのを見て

危機感を覚えたらしい。「おうちは大丈夫?」と。

「あんたの部屋の荷物が一番多いんじゃー!!!!」と私の心の叫び。

独立した子供たちの部屋をどんどん片付けて自分が動けなくなった時に

子供の負担を減らそうと頑張っている長年のママ友たちの

「子供の意見?はぁ?社会人になって独立してもまだ実家にモノを置いてる方が

悪いんですけど」の情け容赦ない思い切りは以前から知っていたが

そこまではなかなか思い至れなかったのでぐずぐずしているうちに

結婚して自身の家庭を持った瞬間から「シンプルライフ」に目覚めたらしい娘は

「こんなにたくさんの「ゴミ」を放ったらかしにしているなんて、、」と

このアテクシを責めるような言動を弄するようになりましたのよ、、(遠い目)

まことに教育が行き届いていてな。

というわけで現在やっているんだが、まあ、紙ごみの多いこと、

小学校時代から授業中に教室で回しまくった「メモ」の束が山ほど出てきたり、

プロフィールブックやらお手紙やらシール帳やら、

昔から下の娘はリア充でお友達からたくさんあれこれもらっていたものよ。

付き合いが広すぎて結婚式の出席者を絞るのに四苦八苦している。

幸か不幸か我が家は親類の数が少ないので助けられているものの、

大学の研究室やら職場やらまで呼んだらとんでもない数になる。

式は娘の「部活」つながりだけで30人近く呼ぶことになる。

幸いにしてお婿様と研究室が同じなのでそこの同期はお婿様に

呼んでいただくことにして職場はこの際「切る!」と思い切ったものよ。

話を片付けに戻せば、女の子が何かと言えばもらってしまうぬいぐるみの数は

異常であるとの論文はまだ提出されないものか、

男の子でここまでのぬいぐるみは集まるものかね、

ありとあらゆるキャラクター、すべてここに集結!くらい山ほどある。

要するに片づけはエンドレス、暑さもあって参ってしまいそう。

未婚の上の娘の部屋はどうかと言えば、定期的に「捨ててよい」指令を受けていたので

すっきりしている。上の娘はこういうところ、そつがない。

というわけで、次々発掘されるぬいぐるみたちにまみれて

おばはんはぐったりしている。一周忌に帰ってくるまでには片付けねば。

ぬいぐるみと紙ごみの中から部活の宴会で取り寄せた「エミュー」?「ダチョウ」?の

卵の大きな殻が出てきておばはんは腰を抜かす。

ネットで取り寄せてホットプレートで焼いたのどうのと言ってたわ、

荷物の中から全面そろったルービックキューブも出てきたりして

3歳児のころ、言葉が遅いのに100均で買ったルービックキューブ

4面まで合わせて驚いたことがあったな、いつまでもずっとやっていた。

大学に入ってからはすべての面をどれくらい早く合わせるかになって

一時期研究室でみんなで競争していたとか。

そういう思いでも掘り出す作業には時間がかかる。でもやらねば。おわり。

 

 

「何故宗教に大枚をはたく人がいるのか、」

はてなを見ているとしみじみと理解できる気がする、残念ながら。

明らかな「非・実在人物」をさも本当に存在するかのようなデマを煽りまくる連中が

虫ほどわくのをたびたび見せつけられて、

今回は「地方旧帝大理系学部卒女子」でお決まりの高卒の毒親育ちのうんぬんかんぬん

もうな、まともに生活していればネットではなぜか馬鹿にされがちな地方旧帝大でも

理系学部は公立出身貧乏・毒親家庭からは合格不可能なのが分かるはずが

こんな「女に学歴はいらないー!」なんて「中の人は加齢臭漂うおっさん」の

薄っぺらな釣り増田が、さも実在しているかのような前提ブコメがつくのか、

仕込みはどのあたりまでなのか、本当のところが知りたいものだ。

これは秋から「就活・婚活」サイト大広告!の前振りじゃないか、

トップのブコメは「東京に行きさえすれば!」であったが、それも「デマ」なので

秋からどこが「就活!婚活!」のサイトを宣伝し始めるか大変楽しみにしている。

さあ、どこの「素敵!」「夢のよう!!」な「外資系」!が活躍するかな。

こういうのを見ていると大昔の雑誌の裏側にあった

「こんなにひょろひょろがりがりでモテなかった僕が〇〇を使うだけで!」

急にマッチョな体になって美女にモテモテ、みたいな広告を思い出す。

子供心にも「あほやん」と思ったものだが、これを真に受けた人はいるのかね。

いまだネットはこの手のものが野放しで、しかも

「女には学歴はいらない」「旧帝大理系なら学部卒でも技術職になれる」

「そもそも女なら馬鹿でも旧帝大理系に入学できて卒業できる」

「地方の日本企業はくそ」などなどのいい加減なデマを広げるのは

これで株価がちょっとでも下がればと願う有象無象のためか、

こういうデマを繰り返して定着させるのに暇を惜しまないアホな輩がいるせいで

騙されがちな世間知らずがいいかげんな宗教に引っかかってしまうのも

なんとなく理解できる。

「非・実在」の人格を存在するかの如く煽るのは宗教臭がして本当にうんざりする。

20代の自称高学歴ワイ女子は私の娘世代なので、実在していたとしたら

娘たちが子供のころ「私立に行かないともうダメ!」説は何だったのか、

公立からでも旧帝大理系進学は可能ではあったので

これも「デマ」だったのが明らかだが、

そこに至るには親がたとえ高卒であったとしても

いわゆる「地頭が良い」人たちなので毒親ではありえない。

子供に的確な教育の機会を与えられる地方の人間は学歴がなくても聡明だ。

増田は常に全方面の本物の高能力者を小馬鹿にしているのがありありとわかって、

そもそもまともな企業の人事が地方旧帝大早慶と同じに扱うこともないので

(それを主張するのは推薦枠早慶進学の阿呆のみ)

どこの連中がこの手の増田を量産するのかよくわかる。

そろそろネットにもデマを拡散する連中を規制する法律が必要ではないか、

表現の自由!」で許されるものではないのだわ、

かの増田は女性差別を助長するものでしかない。

それでも差別心は金をかすめ取る手段の一部なのだよな。反吐が出る。

ミステリードラマ雑記。終わり。

ミステリードラマに無理な恋愛は筋にかかわらない限りいらないよな、と思うのは

昨今の少子化を考えるとよくないのかもしれない、と一瞬考えたが、

おばはんが見るようなドラマは別に「性にフリーダム!」でなくても困らないので

やはりやめてほしい、とここに。

ミステリーチャンネルで楽しみにしていた「ロンドン 追う者たち追われる者たち」の

パート2は今まで書いてきたものよりはましではあったが、

パート1でやめてもよかったんじゃないか感が強い。要するにパート1が良かった。

パート1は相手役だったディポ・オラ氏が憂愁漂う繊細さで

ほぼ完ぺきな美貌を誇るハーマイオニー・コーフィールドの人形っぽさをより高め

サスペンス色が強くなった。美貌が不気味に見えるのが効果的だった。

ただこのお相手、パート2でもちらちら出るんだが、お太りになってしまわれてな。

探偵役の黒人男性警察官とほとんど見分けがつかない。(涙)

この展開はかつて「刑事ジョン・ルーサー」の最終章で

ルーサーのファムファタルであったアリスが「太っちゃってるー!」の時と同じくらい

衝撃的であった。アリス役のルース・ウィルソンさんはご出産でもしたんですかね。

それはともかく、やはり人目に触れる職業を選んだ限りはできる限り役に合わせて

ダイエットに励んでいただいた方が、、などといらんことを。

話を「ロンドン~」に戻せば、ミステリーは割と早い時期に犯人に見当がついて

ドラマの作り方は「キリングイブ」をだいぶん意識しているのではないか、

女性主人公のファッション性を強調しているようで、

しかし「キリングイブ」のジョディ・カマーのふてぶてしいまでの

「フツー」の存在感がハーマイオニーにはないので

単にバービー人形に見えるだけになっている。

第1シーズンではバービー感が不気味であったが2シーズンでは

それを引き立てる相手役に不足しているので空回り。

終わり方は第3シーズン、作る気満々っぽかったがどうなるかな、

ミステリーの筋とはほとんどかかわりないが、第1シーズン当時から気になっていた

黒人男性警察官の一見平穏に見えてほぼ破綻している結婚生活の方が面白かった。

第1シーズンでも、この温厚な黒人男性は良き父、良き夫として

常に家庭的であるのに、なぜかそこが夫より稼いでいるらしい妻には気に入らない。

第1シーズンでもたいがいだなと思ったが第2シーズンではいきなり妻のおなかが

大きくなっていたので、仲直りをしたのか、と思っていたら

なんと別の男の子供を妊娠しているようで、この妻は何を考えているんだか、

いやなら嫌でさっさと離婚すればよいのに、

家庭運営をきちんとこなす「夫」は保持していたい、でもお楽しみは外注したい、

ここにも男女逆転な設定があるってことなのか、

家庭をちゃんと保ってくれる貞淑な「妻」を保存しておきたいが

お外でほかの女とも遊びたい、みたいな男はありふれているものな。

まあ、最近のミステリードラマはそういうものを織り交ぜ気味であるというのが

アテクシの感想。ドラマに当たりが出なくてしょんぼり。おわり。

ミステリードラマ雑記。(その2)

以前から薄々感じている、もう「ミステリー」と言うジャンルが年寄りのものである、

要するにドラマは年寄りの視聴者向けに作られている故に登場人物も

若い美男美女はほぼ皆無と化し

「おっさん・おばはん」どころか「爺さん・ばあさん」世代が主人公で

この先視覚のエンターテイメントとはどこにむかうのか、

エンタメ世界の少子高齢化を憂う中・ばあさんなアテクシであるが

それにしても年をとっても女でも人生の勲章が「若い異性」とのセックスなのは

いったい何の罰ゲームなのか、見せられるほうがいいかげんうんざりするのだが

「みんな違ってみんないい!」の「個性派!」女性主人公の

仕事を退職する年齢で孫もすっかり思春期なのにもかかわらず

やってることがその辺の酒場で若い男をひっかけて家に連れ込む、

それが「イマドキのイケてる個性派ババア」の表現方法だとしたら

単に昔のくそショーもないおっさんにだけ気持ちがよく都合の良いドラマの

男女を入れ替えただけじゃないか、

こんなあほな話をいい年して私は見なきゃいかんのか!

と、思ったので途中で見るのをやめた「退職教授ハリーの名推理」。

主人公役のジェーン・シーモア

私は見たことがないが「ドクター・クィン 大西部の女医物語」と言うテレビドラマを

長らく演じていた往年の美人女優でボンドガールを務めたこともあるようだ。

ごく最近、たまたまNHKで「ある日どこかで」と言うクリストファー・リーブの映画で

相手役であったのを見て古典的な美人であるな、この世代の英国女優に珍しく、

などと身も蓋もないことを思ったりして、年をとっても美人は美人であると

感心しつつ、また大学の教師であったとのことでそれなりの品格があるかと

期待してみたのが悪かったのか、ご都合主義でちらっと大学教授としての知識が、って

この程度の話なら大学の先生じゃなくても知っているんじゃないか、レベルのことしか

出てこないやんけ!しかもとにかくかつての美人が無頼派を気取ってるのは

何をあきらめきれていないのか、脚本が悪いのか、それともご本人の意向か、

ミステリーにしてもさほど面白いものではないので途中で挫折してしまった。

「見る価値なし!」と正直な話、星は一つもくれてやれない、

まだショーもなくても1時間足らずで可も不可もない「シスター・ボニファス」の方が

1千倍くらいましではないか、「マクドナルド&ドッズ」の方が数千倍マシ、

控えめで内気なキャラは近年枯れた日陰のおじいさんが独占しているのではないか、

私はアガサクリスティのジェーン・マープル的なものを求めているんだよ、

こんな年をとっても肉食なあたし!が「個性派!」だとしたら

「量産型」大いに結構!としみじみ思う。

長らく愚痴ったのでいったん休憩。続く。

ミステリードラマ雑記。(その1)

ネットで日記をつけるのは結局この手の覚書を作るため。

近年、ことのほか記憶力が失われつつあるアテクシは

それでも「クソ・ミス」だけは忘れなかったりする。

これを忘れるようになるともう終わりよ、、、と思いつつ、

どこがどのようにくそであったのかはうっかり忘れるのでメモとして。

ここしばらく「神様、ありがとう!」としみじみするほど読む方のミステリには

恵まれているものの、その反動と言うのか、ミステリードラマに当たりがない。

何を勘違いしたのかAXNミステリーが「みんな違ってみんないい!」特集を組んで

なぜか個性派(?)の女性主人公のミステリードラマを一挙放映していたが

世の中の「女性の個性派」とは「ちん〇んの生えてないおっさん」のことを

示すのですかね、と聞きたくなるほど、主人公たちの造形が酷い。

まずはフレンチミステリーでフランスで最も視聴率が良かった!をウリにした

「IQ160清掃員モルガンは捜査コンサルタント」、

「IQ160」とついた時点で怪しさ満杯であったが、そういう予感は常に当たる。

何故そんな高いIQの人間が清掃員をしているか、はとりあえず説明がつくものの

要するに今はやりの「発達障害」人間であり、記憶力が良いからと言って

特に謎解きの才能があるとも思えないしドラマ自体に説得力がない。

何故、これがフランスで高視聴率だったか考えて、主人公役の女優人気じゃないか、

と調べたら、あたり。長らく国民的人気のコメディドラマの主要人物だったらしい。

この人が何かをするってだけで視聴率が上がる、おフランスもなんだかんだで単純ね、

ってことだけが「学び」か。やることなすこととにかくめちゃくちゃでがさつ、

でもそれなりにまとまりがあるなら許せるものの、

単にやりたい放題である、でイライラさせられるだけのドラマで

最後までちゃんと見た自分をほめてやりたい。

しかし、アテクシは、さらにひどいミステリードラマが控えているとは

この時はまだ知らなかったのであった、、、、(つづく)

 

 

「ブログを副業でマネタイズ!」なんて「嘘」ですよ。

朝っぱらからヤフーニュースで踏み倒し・〇ろゆきが野田聖子氏を批判しているのを

「裁判をちゃんとやってたら勝てたもん!」とお仲間に言わせている奴がなあと

驚いているおばはん。まことにネットは魑魅魍魎が跳梁跋扈するところよ。

「収益化!」で思い出したのが上の娘が在宅勤務で引きこもりになってしまったので

ネットの「読書会」なるものに参加してみたところ、参加者が娘以外全員

「わたしのブログを読んで、登録して、サロンに金払って!」の「営業」人間ばかりで

腰を抜かした話をここに。なんだったら読んだ本をそっちのけで

「自分がいかにすごいネットビジネスをしているか」

「すごい「有料」サロンをやっているか」

ツィッターに登録して拡散して!!」などと、

要するに「養分」を求めてネットの「読書会」に参加している。

娘が参加している「読書会」は一応そういうことはダメだと言っているにもかかわらず

参加者全員がそっち系なのでどうにもならない。

正直、要するに「収益化!」「ブログでマネタイズ!!」なんてのは

「大嘘!」であるとそろそろ誰かちゃんと言ってあげないといけないんじゃないか、

「ネットで読書会」なんてのもほぼ「恋活・婚活」サイトと同じで

何らかの「営業」人間しかいないものとみなしたほうが良い、とは

ネットに決して出ない事実だよな、誰も書かないんで私が日記に書いておく。

「よくもまあ」と娘から話を聞いて驚きあきれたアテクシは

そういうのにかろうじて引っかからずに済んだ娘でよかったと育ち方に感謝。

私はどこの馬の骨とも知れぬ阿呆が書いたホテル滞在記を

「ノート」で数百円で売っているのを見かけて心の底から驚いたクチなので

申し訳ないが課金してまでド素人が書いたクソのようにショーもない「ノート」を、

「数百円!!!」出して買うことは一生しないことだろう。

「数百円!!!!」って、「貧しくなったー!」の日本では

コンビニ弁当が買える値段だよっ!って、誰も思わないものかね。

一時期やたらと「外資系!」であれば世界征服ができるレベルの人間であるかのごとく

ふかしまくっていた輩がわけのわからない「サロン」だの「講座」だのに

移行しているのはうすぼんやりと認識しているが

そんなものに参加した馬鹿が勘違いして「サロン!」だの「講座!!」だのを

「収益ができる!」とやり始める。

でも実際は人なんか集まらないので本来の目的とはかけ離れた場所に参加してまで

人を募ろうとする。そこまでやっても人は集まらないわけだが。

要するに「ブログでマネタイズ!」連中だって

本当は「収益化」なんかできていないので「サロン」だの「講座」だのを始めるわけで

このネット乞食がさらにネット乞食を再生産する構造をどうにかしないと

いずれ「統一何とか」レベルの被害が出そうな気が私はしている。

既に意見の合う人間が出会う場ではなくなっているのが現在のネット。

娘は読書会の「お試し」で懲りたのでさっさと退会して

心置きなく引きこもっている。

まともな人間はちょっと魔が差してうっかりそういうものに参加しても

サロン登録まではしないものよ、、、いずれ「ネット読書会」も廃れるだろう。

「養分」なんて簡単には見つからないし、そもそも人を「養分」にすること自体

下劣な行為であるともう少し拡散しておきたいもの。

おばはんは昔の人間なので「と、日記には書いておこう」としめるのであった。

おわり。

ネットで日記をつける効能。

なんだかんだで最高の覚書なんじゃないか、と思うんだな、

自分の書いたものが覚えている検索語であっという間に出てくるし。

これをノートに書きつけていたら、いつどんなことを書いてたっけ、となってしまう、

私がいつまでもはてなでダラダラ書いているのは忘れがちなことを覚えておくため、

で、もちろん「収益化!」だの、

そもそもコミュニケーションツールと考えたことがない。

お隣さんがお元気そうで何よりやね、の意識を持つ程度でよいんじゃないか、

長らく書いていると私には理解不能な人間とすれ違うこともあるが

基本的に永遠に顔を突き合わせる機会のない人物だしな。

てなことを琥珀先生が何やらお嘆きなのを見かけて

まあ、そんなに深刻に考えるなよ、だらだらやってればよいじゃん、

もうネットなんてテレビ以下のデマ拡散装置だよ、

はてなでもよく見かけた有象無象がツィッターでいつもいいかげんな話を

いくつ持っているのかわからないほど数多いアカウントで拡散しまくっているし

その片棒を担いでいるのがはてなのブクマシステムだし、

ネットにひょっとしたらあったかもしれない「真実」なんてとっくの昔に

「収益化!」「ノート!!」だのの広告でしかないし、

私はいまだにどこの馬の骨とも知れぬ阿呆が「若者特権!」なんて言い出して

世間知らずでふわふわしている人間を集めてとことんなけなしの金と若さを

搾り取ろうとしているのを見てあきれている。

いやー、この数年、ここまでド外道を見る機会はなかったかも、ってくらい

「収益化!」と言い出した連中のクズっぷりに

まだまだ日本は詐欺師が大活躍できるほどに豊かだと感心するわ。

人を煽って不安にさせて信仰させる、

これは別に「統一・何とか」だけが行ってきたことではなく

その前も、現在も、これから先も、有象無象が必ずやる「収益化!」なんでしょう。

ネットで人を集めるってのは、正直、今の時代でも「まとも」ではない。

と言うことを、子供がいるから理解できる引きこもりがちなおばはんであった。

私は自分を騙しながら生きているので他人に騙される余地がない人間で

本当に良かったな、と思っているのでした。琥珀先生、相変わらずやね。おわり。